ニュース
» 2004年10月06日 15時41分 公開

Mzoneが航空機内で利用可能に〜10月22日から

ドコモは公衆無線LANサービス「Mzone」を、Boeingの接続サービスとのローミングによって航空機内でも両可能とする。料金は1900円から。

[ITmedia]

 ドコモは、Boeingのインターネット接続サービス「Connexion by Boeing」を使った航空機内でのネット接続サービスを10月22日から開始すると発表した。Boeingとのローミングの合意に基づくもの。

 フライト時間によって料金が異なり、3時間未満の場合1900円、3〜6時間の場合2500円、6時間以上の場合3700円。全日本空輸(ANA)の成田-上海間や、日本航空(JAL)、ルフトハンザ ドイツ航空の便などで利用できる。

 ノートPCなどとの接続には、無線LANを使う。通信速度は平均して64K〜128Kbps程度となるという。

CEATECドコモブースでは、Boeingの航空機用のシートが展示されている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう