ニュース
» 2004年10月19日 15時05分 公開

ドコモの米法人が公衆無線LANサービス

ドコモの米国法人であるNTT DoCoMo USAは11月1日から、公衆無線LAN接続サービス「ナミキテル」を開始すると発表した。月額34.99ドル。

[ITmedia]

 ドコモの米国法人であるNTT DoCoMo USA(ドコモUSA)は11月1日から、公衆無線LAN接続サービス「ナミキテル」を開始すると発表した。10月20日から申込受付を開始する。

 接続情報が予め搭載されたソフト「ナミキテル コネクションマネージャ」を利用することで、IEEE 802.11b準拠の無線LANサービスを利用可能。米国、カナダ、メキシコなど世界40カ国で提供される。

 料金は34.99ドル/月で、月50時間まで利用可能。年間契約では29.99ドル/月となる。50時間を越えた分は、0.2ドル/分の従量制。クレジットカードで課金する。

 サービスでは、ドコモUSAが提供する日本語の情報ポータルサイトなども用意される。また、「ナミキテル」ホームページから米国の携帯電話へソフトウェアを無料ダウンロードすることで、ナミキテルドメインのメールを日本語環境で閲覧、編集、送信できるようになるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう