定額制導入で、KDDIのコンテンツARPU4倍に

» 2005年04月27日 01時56分 公開
[斎藤健二,ITmedia]

 KDDIのデジタルコンテンツ売上げが好調だ。業界に先駆けて導入したパケット定額制が功を奏し、ユーザー1人当たりの月間コンテンツ売上げを示すコンテンツARPUが急激に増加している。

 「1Xユーザーに対し、WINユーザーのコンテンツARPUは3.5倍。4月、5月には4倍に行くと予想している」

 KDDIのコンテンツ推進部長である竹之内剛氏が、4月26日に開催されたBREW JAPAN CNFERENCE 2005でそう話した。1XユーザーのコンテンツAPRUは310円。対してWINの定額ユーザーのコンテンツAPRUは1070円に達している。

 牽引役となっているのは、WINユーザーの約6割をしめる10代〜20代だ。

10代、20代が6割──KDDIの定額ユーザー

 竹之内氏が明かした資料によると、定額制プラン「ダブル定額」のユーザーは若年層に大きく偏っている。10代、20代で実に全体の58%を占め、この割合は「どんどん増えている」(竹之内氏)状況だ。

WINユーザーは10代と20代の比率が極めて高い。1Xユーザーの場合36%。ドコモの場合、ムーバ・FOMA合計で25.6%、FOMA単体でも44.8%に過ぎない。若年層比率の高さが、コンテンツ利用の多さにつながっている

 こうした若年ユーザーの増加により、コンテンツも「着うた」「ゲーム」の利用が急増している。

 2004年末には、「着メロを着うた、着ムービーが抜いた」(竹之内氏)。そしてゲームも同時期エンタメ系を抜いている。

「着メロについては横ばいだが、全体のユーザー数が増えているため、1ユーザー当たりの着メロ購入率は下がっている」(竹之内氏)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月18日 更新
  1. 「ポケモンGO」大幅アップデート より自分に近いスタイル変更、現実世界を反映したビジュアルなど (2024年04月16日)
  2. ソフトバンク版iPhone 15 Pro、Pixel 8 Proの一部容量が実質24円 1年で買い替える人向け「新トクするサポート(プレミアム)」の内訳とは (2024年04月17日)
  3. 縦折りスマートフォン6機種のスペックを比較する サイズ/カメラ/価格の違いは? (2024年04月17日)
  4. Back Marketの「リファービッシュ製品」が中古と違うワケ 売れ筋はiPhone 13、バッテリー“100%保証”の計画も (2024年04月17日)
  5. 「なめてんの?」前澤友作さん、Metaの“他責的声明”に激怒 著名人なりすまし広告問題で (2024年04月17日)
  6. HMDとハイネケン、透明で“退屈な”折りたたみ携帯を発表 (2024年04月17日)
  7. ソフトバンク、「新トクするサポート(プレミアム)」を4月18日に開始 対象機種は? 現行プログラムとの違いは? (2024年04月16日)
  8. ガストの「テーブル決済」をPayPayで試してみた 便利だけど思わぬワナも (2024年04月14日)
  9. バッファロー製Wi-Fiルーターに脆弱性 対象機種は今すぐファームウェア更新を (2024年04月17日)
  10. スマホでブレの少ない写真を撮りたいなら持ってて損なし! 「CP+2024」で展示されていた便利アイテムをチェック (2024年04月16日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年