連載
» 2005年08月01日 22時48分 公開

“N”の動画再生はイマイチだろうか長期ロードテスト「N901iS」 No.18

今回は、N901iSの動画機能を調べてみます。ご存知のとおり、携帯は機種によって再生できる動画ファイルのクオリティが違うのですが……

[杉浦正武,ITmedia]

 今回は、「N901iS」の動画機能を調べてみます。AV機能に興味があるユーザーならご存知のとおり、携帯電話は機種によって、再生できる動画ファイルのクオリティが違います。

 既に後藤記者が「D901iS」の動画再生機能を調べていますが(7月5日の記事参照)、こちらは“QVGA、384Kbps、毎秒15フレームならスムーズに再生可能”という結果でした。先日「SH901iS」で同様のテストを行い、結果を掲載していますが(7月27日の記事参照)、やはりQVGAで毎秒15フレームの動画が問題なく再生できたようです。

 果たしてN901iSはどうでしょうか。

QVGAになると厳しいか

 テストでは、カノープスの「X-Transcoder」で作成した6種類のSD-Videoファイル(ASF)を用意しました。携帯にiモーションとして認識させるため、miniSDの「SD_VIDEO」の下の階層の「PRLxxx」(xxxは3桁の数字)フォルダ内に動画を入れると……

サイズ ビットレート フレームレート 再生状況
QCIF 128kbps 10fps スムーズに再生
QCIF 384kbps 15fps 音声のみ、動画表示不可
QVGA 192kbps 10fps 音声のみ、動画表示不可
QVGA 384kbps 15fps 音声のみ、動画表示不可
QVGA 500Kbps 15fps 音声のみ、動画表示不可
QVGA 1Mbps 30fps 音声のみ、動画表示不可

 結果はごらんのとおり。ざっと試した限りではQVGAが全滅で、QCIFでもフレームレートが上がると動画が表示できないという結果になりました。これは「コマ落ちが出て視聴しにくい」といった意味ではなく、初めから液晶画面上に「表示できません」と表示が出ます。

このように、映像品質の高い動画ファイルを再生しようとすると「映像が再生できません」と明示されます

 ただ、QCIFでフレームレートを落とせばきれいな映像再生が可能。字幕もくっきり読めて、それなりに快適です。

 記事掲載後、読者の方から「QCIFでも30fpsのファイルが再生できる」とのご指摘をいただきました。これについては改めて調べて、結果を掲載したいと思います

 動画再生時の操作性はどうでしょうか。例えば拡大表示ができるか気になりますが、これは再生を一時停止したときに現れる「機能」(右ソフトキー)から「画像表示設定」で「等倍表示」と「画面サイズで表示」の2種類を選べます。

Photo 左から、画面サイズで表示、等倍表示。画像は、スカパー!/スカパー!110、ケーブルテレビで放送中のディスカバリーチャンネルより、シリーズ“サイエンス&テクノロジー”(C)2005 Discovery Communications Inc. TEL:0120-777-362

 そのほか、再生中には音量調節や次の動画ファイルへの移動が可能。このあたりは、基本的にiモーション機能なわけですから、音楽再生機能のレビュー(7月12日の記事参照)も参照してください。

前 長期ロードテスト「N901iS」 次
長期ロードテストとは

 ITmedia記者が、普段使いの携帯電話の模様をレポートする長期連載記事です。1人のユーザーとして、端末やコンテンツをレポートします。この端末の「○○を調べてほしい」「この点をメーカーに聞いてほしい」といった要望を、ぜひお寄せください。ロードテストの中で、できる限り調査し回答していきます。

読者のニーズが機種を決定

 なお、本ロードテストで使用する携帯機種は、読者の皆様のニーズに基づいて決定します。記事へのアクセス数の増減を目安とし、随時機種を変更していく予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年