ニュース
» 2005年08月31日 14時59分 公開

auが高精度地図「住宅地図ビューアー」を試験提供

一軒一軒の建物名称や居住者名、番地などを詳しく表示した「住宅地図」をアプリで提供。業界初の試みであり、試験配信終了後に商用化を検討する。

[ITmedia]

 KDDIは9月1日から、GPS機能を利用した法人向け位置情報サービス「GPS MAP」ユーザー向けにゼンリンの住宅地図を閲覧できるサービス「住宅地図ビューアー」を試験提供する。

Photo

 住宅地図は、一軒一軒の建物名称や居住者名、番地、信号機などの道路情報を詳しく表示した大縮尺の地図。これまで住宅地図は紙媒体やCD-ROMで提供されることはあっても、携帯向けアプリとして配信されることはなかったという。

 試験期間は2006年8月31日まで、1年間の予定。「業界初の試みであり、試験期間終了後は本サービスの検討を展開する」(KDDI)

 GPS MAPユーザーなら、月額料金に追加費用は不要。「GPS MAPタイプ1」「GPS MAPタイプ2」「GPS MAPタイプ1ライトプラン」「GPS MAPタイプ2ライトプラン」に契約することで利用できる。対応機種は、BREW搭載のGPS MAPに対応した1X WIN端末。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう