「W41CA」「W41T」都内で発売──高めの価格

» 2006年02月10日 16時51分 公開
[斎藤健二,ITmedia]

 音楽サービス「LISMO」に対応した春のWIN端末「W41CA」「W41T」が2月10日、都内でも発売になった。薄型のFeliCa対応端末W41CAは、新規で1万9740円(ITmedia調べ)。HDD搭載の「W41T」は新規で2万7090円と、従来に比べて高めの価格設定がされている。

左がW41CA、右がW41T。ACアダプタはそれぞれ別売りになっている

 ただし、購入店である都内量販店ではダブル定額などの加入で価格を割り引いており、実際は1万5540円(W41CA)で購入できた。

 一方で、当初1万5000円前後(都内量販店・新規)で発売になった「W41S」(ソニー・エリクソン製)は、店舗によっては早くも1円で売っているところが出始めている。携帯最大の商戦期である3月に向けて、値段の下落が加速しそうだ。

 W41CAはカシオ計算機製の薄型FeliCa端末。22ミリと従来に比べ大幅な薄型化を実現しつつ、2Mピクセルカメラなどを盛り込んだ。W41Tは東芝製のHDD搭載端末。4GバイトのHDDを国内端末では初めて搭載し、最大2000曲を持ち運ぶことができる。

 W41CAとW41Tは一部地域では9日から販売が始まっている。11日には、W41CAが北海道、中部、北陸、関西地区で、W41Tが北海道、東北、中部、北陸、関西、中国地区で発売になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー