ニュース
» 2006年02月21日 18時08分 公開

P901iTVに見る「ワンセグ端末としての」こだわりパナソニック モバイルに聞く「P901iTV」(前編)(2/2 ページ)

[杉浦正武,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 P901iTVの「ワンセグならでは」の部分としては、広視野角なディスプレイも挙げられる。P901iTVは2.5インチのディスプレイを搭載しているが、これは上下左右140度の視野角を実現している。このため、テーブルに置いて映像表示した場合に複数人数でテレビを楽しめるという。

 もっとも、携帯電話のディスプレイは「のぞき見されたくない」というユーザーもいるもの。のぞき見されないディスプレイをウリにした端末もあり、たとえばシャープ端末などは状況に応じて視野角を切り替えられる「VeilView」液晶をアピールしている(2005年11月7日の記事参照)

 P901iTVは、テレビ視聴以外のメール作成画面なども広視野角で閲覧可能。パナソニック モバイルとしては、状況に応じて視野角を切り替える機能を「将来的には検討している」と話した

Photo 開いたところ。十字キーの左右でチャンネル切替、上下でボリューム調整を行える。あらかじめ地域に応じたチャンネル設定をしておけば、ダイヤルキーでダイレクトに選局することも可能。「クリア」キーを押せば、消音することができる

バッテリー自体は902iと同等

 ワンセグ端末ということで、もう1つ気になるのがバッテリーの持ちだ。今回P901iTVではワンセグ受信時で、約3時間の連続視聴時間を確保している。「W41H」が3時間45分のワンセグ連続視聴をうたっているから、これよりは劣るが、十分な値といえる。

 「ディスプレイの明るさによってバッテリーの持ちは異なるが、通常の明るさである『2』の場合でこれだけ持つ。特に大容量なバッテリーを積んだわけでなく、902iシリーズと同じ電池を搭載している」

端末名 ワンセグの最長視聴時間
P901iTV 3時間
W33SA 2時間45分
W41H 3時間45分
データは公表値で、実際の視聴時間は条件によって異なる。なおアナログ放送の連続視聴時間はより短く、P901iTVの場合1時間30分

 なお、テレビの視聴に夢中になってバッテリー切れになった場合、当然ながら電話としての機能は果たせなくなる。このためテレビ視聴中に電池残量が少なくなった場合は、約30分の音声通話分を残した状態でアラートが出て「デジタルTV視聴を終了しますか?」と聞いてくる。この場合に、電話の機能はあきらめて引き続き視聴を選択することも可能だという。

Photo テレビ画面上に、アラートがポップアップで表示される
クレードルは、高さの調整が可能。充電しながら、見やすい角度でテレビを視聴できるよう配慮されているという

 P901iTVには、このほかにもいくつか工夫された点がある。+Dモバイルでは、近日中に「パナソニック モバイルに聞く『P901iTV』(後編)」を掲載する予定だ(続く)。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー