連載
» 2006年04月14日 14時51分 公開

かもめ食堂「私の荷物、まだ出てこないかしら」Mobile&Movie 第206回

映画の中に登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。今回は、大手携帯メーカー、Nokiaのお膝元フィンランドが舞台の「かもめ食堂」をご紹介します。

[本田亜友子,ITmedia]
作品名かもめ食堂
監督萩上直子
制作年・製作国2005年日本作品


 今回ご紹介する作品は、フィンランドの首都ヘルシンキを舞台にした日本映画「かもめ食堂」。もちろん登場する携帯電話はNokia製です。

 ヘルシンキの街角にひっそりとオープンした“かもめ食堂”。広い空をゆったりと行き交うかもめをイメージして名付けられたこの食堂は、サチエ(小林聡美)の夢の結晶でした。料理が得意だったサチエは日本でいつか食堂を開きたいと考えていたものの、ふとした時にフィンランドでの開店を思い立ち、準備を進めてきたのです。

 やっと迎えた開店初日。アジア系の小柄な女性が一人できりもりする店を、物珍しそうに覗き込む人はいても、地元の人はなかなか入ってきてくれませんでした。そこへ現われたのが金髪の若い男の子トンミでした。トンミは日本文化に興味があり、“かもめ”の文字を読んで入って来てくれたのです。お客さん第一号として歓迎するサチエ。トンミはキャラクターTシャツを着ているほどのアニメ好き。カタコトの日本語で、サチエに日本のアニメについてあれこれ尋ねます。

 「ガッチャマンの歌、知ってますか?」

 聞かれたサチエは出だしの部分だけ思い出しますが、その後が続きません。知っているのに、思い出せないもどかしさ。トンミが帰った後も、頭の中で繰り返していました。

 「ダレダ、ダレダ、ダレダ……」

 外出したサチエは、街角で日本語の本を読んでいる女性・ミドリ(片桐はいり)を見つけます。思わず駆け寄って、ガッチャマンの続きを尋ねるサチエ。こうして、サチエとミドリは知り合います。さっそくサチエは、ミドリをかもめ食堂に連れて帰ります。

 フィンランドに来た経緯を尋ねると、ミドリは世界地図を広げて目を閉じて指差したのがこの場所だったから来たのだと答えます。ワケありの事情を感じつつ、サチエはミドリによかったら自分の家に泊まらないかと誘います。見知らぬ土地で寂しさを感じていたミドリは、サチエの申し出を喜んで受け入れます。ただ泊まるだけでは申し訳ないと、ミドリもかもめ食堂を手伝うようになりました。

 やがて、トンミが毎日通っていることで地元の人の警戒心も薄れたのか、かもめ食堂の客も少しずつ増えてきました。サチエの“こだわりの和食”を中心にした、ふつうの食事のメニューも、だんだん受け入れられるように。

 そんなある日、かもめ食堂に少し沈んだ様子の日本人女性がやって来ました。彼女の名前はマサコ(もたいまさこ)。フィンランドという国のおおらかさに憧れてやって来たのですが、着いていきなりロストバゲージされたというのです。それでもサチエの励ましで、少し元気を取り戻します。せっかくヘルシンキに来たのだからと、観光に出かけて行きました。

 「私の荷物、まだ出てこないかしら」

 かもめが飛ぶ港で、ショッピングの途中で、森の中で、携帯電話から問い合わせるマサコ。何日か過ぎますが、なかなかトランクは発見されません。しかし、かもめ食堂にやって来ると、心は晴れやかになるのです。こうしてヘルシンキで出会った、サチエ、ミドリ、マサコの3人。かもめ食堂では、どんな出来事が待っているのでしょうか? そして、マサコのトランクは見つかるのでしょうか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー