心霊写真(?)の検証結果に怯える記者モバイル編集部、ただいま取材中

» 2006年05月08日 05時02分 公開
[新崎幸夫,ITmedia]

 ゴールデンウィーク期間中に、新崎記者の魂のレビュー記事「お化け探知携帯ストラップを、ビビりながらレビューする」が掲載された。お化けを探知できるとうたう携帯ストラップ「ばけたんストラップ」を、靖国神社や青山霊園で使うという記事だ。

 新崎記者は記事内で、霊園で写真を撮るという行為にビビり、こう書いている。「変なもんが写ってたら、編集部までご連絡ください」。――はたせるかな、編集部には読者からの指摘が相次いで届いたのだった。いくつかメール本文を引用すると、写真には「ぱっと見ただけでも5〜6体ほどの霊が写ってい」るのであり、木の模様は「たくさんの霊に見える」。「写真の中央やや上に、青色の発光体がある」のはさすがに街灯の光の加減と思われるが、少なくとも人の顔はあちこちに写っているらしい。

 中でも、場所をピンポイントで特定してくれたユーザーがいたので、該当カ所を分析してみた。画像ソフトで明るさを調整すると、そこには驚くべきものが浮かび上がったのである……!

photo 「こっち見んな」の図

 おおおーー確かになんか写ってる気が、しなくもない。これを新崎記者に伝えると、露骨にイヤそうな顔をしていたが、「ばけたんストラップは何も反応しなかった」と強硬に主張した。問題はないとのスタンスを保っているが、それにしては「手軽なお祓いサービスってないですか」とソワソワしている。「忙しいので、できればオンラインで実行可能なやつがいいんですが……」

 誰か、知っているひとがいたら新崎記者に教えてあげてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  4. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  5. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  6. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  7. ダイソーで1100円「完全ワイヤレスイヤホン(ツートンカラー)」は値段相応にそこそこ聞ける 高音はシャリシャリ (2024年06月22日)
  8. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  9. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  10. 「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい (2024年06月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー