ニュース
» 2006年08月07日 15時01分 公開

ボーダフォンの国際ローミング対応エリア、中南米や西アフリカで拡大

ボーダフォンは8月23日から、国際ローミングサービス対応エリアを拡大し、バハマ、ハイチ、ニカラグアとコートジボワールで新たに通話とSMSが可能になる。

[園部修,ITmedia]

 ボーダフォンは8月7日、国際ローミング対応エリアの拡大を発表した。新たに対応エリアになったのは、中米地域のバハマ、ハイチ、ニカラグアと、西アフリカ地域のコートジボワールの4つの国で、通話が可能な国と地域は164、SMSが利用できる国と地域は162に増えた。

 提携する通信事業者数は現在通話が233、SMSが231。海外では、日本のようにすべての事業者が国内全域をカバーしている訳ではない場合もあるため、1カ国で複数の事業社と提携し、通話可能な領域を広くして利便性の向上に務めている。

 また、新たに3カ国の5事業者と協力し、インターネット接続サービスやパケット通信サービスの提供を、チリ、バングラデッシュ、カタールで開始した。

 国際ローミング対応機種は、現在13機種がラインアップされている。「904SH」「904T」「804SS」「705SH SLIMIA」「705T」などの多くの3G端末が対応しているが、「905SH」「802N」「703N」など一部の3G端末は日本国内専用モデルとなっている。

提供サービス 追加される国と地域
通話およびSMS バハマ、ハイチ、ニカラグア、コートジボワール
「ボーダフォンライブ!」およびモバイルデータ通信(パケット通信) チリ、バングラデッシュ、カタール

提供サービス 国・地域(今回の増加数) 事業者数(今回の増加数)
通話 164(+4) 233(+4)
SMS 162(+4) 231(+4)
ボーダフォンライブ! 87(+3) 116(+5)
データ通信(パケット) 87(+3) 116(+5)
テレビ電話 15(+0) 16(+0)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう