ニュース
» 2006年08月25日 14時39分 公開

「P902iS」にアドレス帳や着信音量関連の不具合──ソフト更新で修正

ドコモは「P902iS」で確認された不具合を修正するソフト更新を実施する。アドレス帳で特定のメモリ番号が検索されない点や、着信音量設定がうまくいかない場合があるのを修正する。

[園部修,ITmedia]

 NTTドコモは8月25日、「P902iS」の不具合を修正するソフト更新を発表した。対象台数は54万8000台。

 不具合は、アドレス帳でメモリ番号検索を行う際、256番と512番を検索すると該当するデータが検索されないというもの。また、着信音量を「ステップ」に設定して電源を切り、再度オンにしたあと待受画面で受話音量を変更するため上キーを長押しすると受話音量が1に設定されたり、下キーを長押しすると再起動する場合がある。

 ソフトの更新はメニューから「設定」→「その他」→「ソフトウェア更新」を選んで行う。パケット通信料は不要だ。ダウンロードとソフトウェアの書き換えには約11分30秒程度時間がかかり、その間は端末を利用できない。更新は即時更新と時間を指定した予約更新から選べるほか、ドコモショップの故障取扱窓口に持ち込んでもいい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー