「マクラーレンケータイ」、Vodafoneから登場

» 2007年01月18日 00時48分 公開
[佐々木朋美,ITmedia]

 英Vodafoneは、F1チーム「ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス」のメインスポンサーとなったことを記念し、3機種のマクラーレン・メルセデス携帯を発表した。シャープ製の「Vodafone McLaren Mercedes 770SH」「Vodafone McLaren Mercedes GX29」と、Samsung Electronics製の「Vodafone McLaren Mercedes SGH-Z720M」の3モデルで、「Vodafone Live!」に対応する。すでに、1月16日から一部のVodafone店舗でお目見えしているという。

 シャープのGX29と770SHは折りたたみ型で、見た目にはほぼ同様だ。770SHはW-CDMAに対応したモデルで、130万画素カメラを内蔵するほか、ミュージック/ビデオプレーヤーを搭載している。GX29は3バンド対応のGSM端末でカメラは30万画素、マルチメディアプレーヤーを内蔵しない、基本的な構成の端末だ。

photophoto シャープの「Vodafone McLaren Mercedes 」(左)と「Vodafone McLaren Mercedes GX29」(右)

 Samsung ElectronicsのSGH-Z720Mは、「Ultra Edition HSDPA」ことSGH-720がベース。SGH-Z720MはW-CDMA/HSDPAに対応し、300万画素のメインカメラとテレビ電話用のVGAサブカメラ、Bluetoothなどを搭載している。シャープ製の770SH/GX29がUSB1.1なのに対し、SGH-Z720MはUSB2.0とスペックが高い。

photophoto 「Ultra Edition HSDPA」こと「SGH-Z720」(左)。2006年末に全世界で300万台を売り上げたという「Ultra Edition 12.9」と同じ、人気のスライドボディ型だ。F1カラーに化粧直しした「マクラーレン・メルセデス携帯」こと「Ultra Edition HSDPA」(右)

 「Ultra Edition」はSamsungによる薄型携帯電話シリーズ。これまで、厚さ6.9ミリの「Ultra Edition 6.9」、厚さ12.9ミリのスライド端末「Ultra Edition 12.9」、厚さ9.9ミリの折りたたみ端末「Ultra Edition 9.9(D830)」がある(2006年6月の記事参照)が登場している。また2006年12月には、HSDPAに対応させたUltra Edition HSDPA(SGH-Z720)がヨーロッパ市場で発売された。

 どのマクラーレン携帯も、シルバーボディにVodafoneのコーポレートカラーである赤をポイントとして入れるなど、同チームの2007年用マシン「MP4-22」と同じカラーリングになっている。

 端末には「VOVAFONE MCLAREN MERCEDES」のロゴが入っているほか、メニュー画面にはタイヤをイメージさせるトレドパターンをあしらっている。内蔵コンテンツとして、エンジン音の着メロやマクラーレンF1チームの写真やビデオクリップをプリインストール。シャープ製端末ではこのほかに、レーシングゲームも内蔵している。

 Vodafoneは2002年より、同じF1のスクーデリア・フェラーリのオフィシャルスポンサーを務めていたが、2005年12月に2006年シーズンを持ってスポンサーシップから撤退すると発表。その後、マクラーレンチームと2007年から10年間のスポンサー契約を締結しており、同チームのタイトルスポンサーとなった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  4. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  5. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  6. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  7. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  8. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  9. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年