写真で解説する「812SH」「813SH」(1/2 ページ)

» 2007年01月25日 22時35分 公開
[ITmedia]

 シャープ製の3G端末「812SH」は、PANTONEとのコラボレーションから生まれた端末だ。その最大の特徴は、世界初となる20色のカラーバリエーションを実現したことにある。ターゲットは「カラー同様に幅広く。特に設定していない」(説明員)という。発売は2月上旬以降を予定している。

 メインディスプレイは2.4インチQVGA モバイルASV液晶、サブディスプレイには96×39ピクセルの白色有機ELを備える。約49(幅)×97(高さ)×17.6(奥行き)ミリのコンパクトボディには、Uのラインを描くように膨らみを持たせたという「アークリッジキー」を採用。端末を閉じた状態で、新着メールの宛先や内容の一部を確認できる「メール即読機能」を搭載するなど、外見だけでなく、使いやすさにもこだわりを見せる。

 Yahoo!ケータイ、Yahoo!mocoa、S!タウン、ホットステータス、サークルトーク、3Gお天気アイコン、ライブモニター、アレンジメール、マイ絵文字、フィーリングメール、S!アプリ(メガアプリ)、S!キャスト、デルモジ表示、レコメール、着うたフル、S!アドレスブック、おなじみ操作、顔認証、S!FeliCa、TVコール、電子コミック、バイリンガルなど、ほとんどのサービス/機能にも対応する。

photophoto 「ホワイト」「ベージュ」「イエロー」「ピンク」「ビビッドピンク」「レッド」「パープル」「オレンジ」「グリーン」「ミントグリーン」「ライトブルー」「ブルー」「ネイビー」「ブラウン」「グレー」「ブラック」「ゴールド」「シルバー」「メタルブルー」「パールピンク」──1機種20色は端末だけ並べても、持って並ばれても圧巻のひと言だ

photophoto グリーンの812SHを閉じたところ(左)と開いたところ(右)。サイズは49(幅)×97(高さ)×17.6(奥行き)ミリ。極薄というわけではないが、手になじむコンパクトボディを実現している

photophoto 裏面には有効約200万画素CMOSカメラを備えており、そのすぐ隣にマクロ切り替え用スイッチがある(左)。ダイヤルキーには「アークリッジキー」を採用。分かりづらいかもしれないが、爪の長い女性でも押しやすいように、膨らみを設けている(右)

photophoto 端末の左側面(左)にカーソルキーと決定キー、シャッターキー。右側面(右)にはmicroSDカードスロットとイヤフォンジャック、赤外線ポートと充電端子を備える

photophotophoto メインディスプレイは2.4インチQVGA モバイルASV液晶。画面中に表示されている「368」というのはPANTONEの色番号で、「すでにあるものから取ってきた色もあれば、このために取得した色もある」(説明員)とのこと(左)。メニュー画面からも色へのこだわりを感じることができる(中央)。サブディスプレイには最大で3行までの表示が可能な0.8インチ白色有機ELを搭載する(右)

photophoto カメラは有効200万画素CMOS。撮影サイズは2M(1200×1600ピクセル)、1.2M(960×1280ピクセル)、VGA(480×640ピクセル)、メール添付L(240×320ピクセル)、メール添付S(120×160ピクセル)の5つから選択可能だ

photo 812SHの特別モデル「ホークスケータイ」。端末表面に福岡ソフトバンクホークスのロゴが刻まれている。ボディカラーはホークスホワイトの1色のみで、発売は3月上旬以降を予定

photophotophoto 外観に812SHと異なる点はない

photophotophoto 機能も812SHと同じだが、監督/選手の画像などを活用したコンテンツが豊富に用意されている。(左から)メニュー画面、王監督の待受画面、メロディ一覧

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  4. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  5. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  6. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  7. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  8. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  9. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年