ニュース
» 2007年04月02日 14時57分 公開

“ツーカー”、残り1年──au端末との無料交換サービスも開始

ツーカー携帯電話サービスの終了まで1年を切った。KDDIはツーカーからauへの契約変更促進のため、一部機種を無料で提供する施策を10日から開始する。

[岩城俊介,ITmedia]

 KDDIはツーカーからauへ契約変更するユーザー向けに、au携帯電話との無料交換を行うサービスを4月10日から実施する。

 対象は現在プリペイド含むツーカー携帯電話サービス利用中で、auへ同一電話番号で契約変更を行うユーザー。無料交換の対象機種は現在、三洋電機製1X端末「A5522SA」と同WIN端末「W43SA」の2機種(auプリペイド契約の場合はA5522SAの1機種。なお、対象機種は在庫状況や時期都合などで変更する可能性もある)。通常販売時は別売りとなるACアダプタも付属する。

photo 無料交換対象機種のワンセグ搭載WIN端末「W43SA」(左)と厚さ16ミリのスリム1X端末「A5522SA」(右)

 ツーカー携帯電話サービスは2008年3月31日に終了する。新規契約受け付けや機種変更用の端末販売はすでに終了しており、同社は、同一番号/同一メールアドレスで変更できるメリットや端末価格値引きなどの施策とともに、auへの移行促進を図っている。

 ツーカーの契約数は2007年2月末時点で105万3200、累計シェアは約1.1%。最近は毎月15〜20万ほど純減している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう