ニュース
» 2007年06月05日 16時11分 公開

緊急時にはメッセージRで招集・安否確認──ドコモの「エマージキャスト」

NTTドコモは6月11日から、緊急時に自治体や企業などが、職員や社員の携帯電話にメッセージを配信し、招集や安否確認が行えるASPサービス「エマージキャスト」を開始する。

[園部修,ITmedia]

 NTTドコモは6月11日から、緊急時に携帯電話にメッセージを送信し、招集をかけたり安否を確認できるASPサービス「エマージキャスト」の提供を開始する。料金は初期コストとして基本設定費用94万5000円と接続設定費がかかるほか、センター利用費用として月額8万2950円(携帯電話100台までの場合。100台以上の場合は別料金)が必要になる。

 エマージキャストは、契約した自治体や企業が、ドコモが管理運用する防災センター経由で職員や社員の携帯電話や固定電話に対してメッセージの配信を行い、メッセージ受信者が携帯電話を操作することで安否や参集までの時間を返信する機能を提供するサービス。ドコモ防災センターとの接続は専用線、地域IP網、ドコモパケット網、インターネット網など用途に応じて選べる。

 メッセージの配信は、ドコモの携帯の場合は受信者がメールアドレスの変更やドメイン指定受信設定をしていても受信できるメッセージR(リクエスト)で行う。ドコモ以外の携帯やPHSにはインターネット経由のメールで配信する。受信側は、iアプリ対応端末の場合は専用のアプリを待受に設定しておき、メッセージRを受信するとクリアキーで鳴動を止め、内容を確認してダイヤルキーで回答を選ぶ。iアプリ非対応端末や他社の端末の場合はメール受信後、本文に記載されたURLにアクセスしてWebページで回答を送信する。

 契約者の管理端末では、配信したメッセージについて「配信済み」「通知済み」「開封済み」「回答済み」という4つの状態が確認でき、回答内容の自動集計機能もある。返信がない場合は自動発信による音声呼出を行うオプションも用意した。

 問い合わせはドコモの法人営業担当者もしくはドコモビジネスオンラインのWebサイト(https://www.docomo.biz/contact/)で受け付ける。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう