レビュー
» 2007年06月08日 11時25分 公開

写真で解説する「Advanced/W-ZERO3[es]」 (3/3)

[坪山博貴,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       
photophoto miniUSBポートはカバー付(左)。充電端子(DCコネクタ)と平形イヤフォン端子は底面で個別のカバー付。DCコネクタは丸型ではなく専用タイプのようだが、miniUSBと同形状にも見える。左右には卓上ホルダ用の充電端子も備えた
photo microSDカードスロットは縦横画面切換えのすぐ下にあるが、アクセスはほぼ背面から行うことになるだろう

 内蔵メモリは、カタログ値ではフラッシュメモリ256Mバイト、SD-RAM(ワークエリア)128Mバイトとなっているが、OSからはデータ記憶用が計165.52Mバイト、プログラム実行用が108.12Mバイトとなっている。スペックとの差はOSが固定で消費している分だろう。いずれにせよW-ZERO3[es]からは倍以上増えている。

photophoto 左がAdvenced/W-ZERO3[es]で右がW-ZERO3[es]。メモリは倍以上に増えた

 内蔵ソフトウェアは、インスタントメッセンジャーを含む「Windows Live」「NAVITIME」「リモートデスクトップモバイル」、赤外線ポートでのデータ送受信を行う「データ交換」などがW-ZERO3[es]から追加された。なおWebブラウザはWindows Mobile標準の「Internet Explorer Mobile」に加え、「Opera Mobile」バージョン8.7が搭載された。最新のOpera Mobileでは、画面をタップ・アンド・ホールドして上下左右に自由にスクロールできる「グラブ&スクロール」や、アドレスバーに直接キーワードを入力して検索エンジンを利用できる機能が追加されている。例えば「g w-zero3」と入力するとgoogleでキーワード「w-zero3」を検索した結果が即座に表示される。

photophoto OSはWindows Mobile 6にバージョンアップしているが、新しく追加されたソフトウェアは「Windows Live」と「リモートデスクトップモバイル」の2つと言える。試用機では、W-ZERO3[es]向けの追加機能として用意されていた携帯電話ライクなホームメニュー機能は見当たらなかった
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう