調査リポート
» 2007年08月23日 16時44分 公開

携帯コミックを読む理由、“懐かしいから”が最多──KLab調べ

KLabが携帯コミックに関するアンケート結果を発表。携帯コミックを利用した理由は「懐かしい作品を読みたかった」がトップとなった。

[ITmedia]

 KLabは8月22日、携帯コミックに関するアンケート結果を発表した。調査はケータイコイン会員を対象に実施したもので、有効サンプル数は7875名。

 同調査によれば、携帯コミックに対する考えを、10の選択肢の中から最大3つまで選択できる形で聞いたところ、最も多かったのは39%の「利用しない・興味がない」だった。第2位には22%の「いつでもどこでも読めるからいい」という好意的な回答が登場したものの、第3位は19%の「利用してみたが、読みにくいから利用していない」となった。

 また、「コミックを買うより安いから利用している」という回答が5%なのに対し、それを上回る7%が「コミックを買うより高いから利用していない」と回答。コミック1冊程度の料金で1時間利用できるマンガ喫茶もあることから、携帯コミックを割高に感じるユーザーも多いようだという。

 なお、アンケートの回答を携帯コミックに対する否定的な意見と肯定的な意見で分類したところ、否定的82%、肯定的68%と、否定的な意見が多いことが分かった。

 携帯コミックを利用した理由については、「懐かしい作品を読みたかった」が41%で第1位となっており、最新のものが好まれる着信メロディや着うたとは異なり、携帯コミックでは比較的古い作品が好まれるようだという。以下は「新しい作品を読みたかった」が32%、「BLや萌え系などのHな作品を読みたかった」が22%、「手に入らない作品(絶版など)を読みたかった」が20%と続いている。

 携帯コミックサイトへのアクセスは、「バナーやメルマガの広告からアクセス」という回答が58%で最多。目的を持って携帯コミックのサイトに訪れるユーザーは少なく、ひまな時に他のサイトを見て、バナー広告をクリックして訪れるタイプが多いことがうかがえる。

 携帯コミックで良く読むジャンルは、男性では「アクション・歴史・時代劇」が42%、女性では「恋愛(TL含む)」が75%で、それぞれ第1位となっている。どんな時に読むかは、男女ともに60%以上が「ヒマな時」と回答。第2位には、男性では21%の「通学・通勤」が、女性では20%の「寝る前」が続いた。

 携帯コミックサイトの登録数は、「1個」が73%で最も多い。また、月に使用する金額は、「1〜315円」が34%、「無料分しか読まない」が32%で上位を占め、ヘビーユーザーは少ないようだという。

関連キーワード

電子書籍 | 漫画喫茶


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう