ニュース
» 2007年10月01日 15時59分 公開

ドコモ、ExpressCard/34型とCF型データ通信カードを発表──「OP2502」「N2502」

NTTドコモは10月1日、下り最大3.6MbpsのHSDPA通信が可能なデータ通信カード「OP2502 HIGH-SPEED」「N2502 HIGH-SPEED」を発表した。OP2502はExpressCard/34型、N2502はCF型だ。

[園部修,ITmedia]

 NTTドコモは10月1日、下り最大3.6Mbpsでの高速データ通信が可能なFOMAハイスピードに対応したデータ通信カード2機種を発表した。同社が9月13日に発表したPC向けのパケット定額プラン「定額データプランHIGH-SPEED」および「定額データプラン64K」にも対応する。発売は2007年度第4四半期(2008年1月〜3月)を予定している。

 ドコモでは、PCカード型のデータ通信カードとしてモトローラ製の「M2501 HIGH-SPEED」を、USB型のデータ通信モジュールとしてAnyDATA製の「A2502 HIGH-SPEED」をラインアップしているが、これにCFカード型の「N2502 HIGH-SPEED」とExpressCard/34型の「OP2502 HIGH-SPEED」が加わることで、より幅広いニーズに対応可能になる。

Photo ExpressCard/34型のHSDPA対応通信カード「OP2502 HIGH-SPEED」

 OP2502 HIGH-SPEEDは、下り最大3.6MbpsのHSDPA通信をサポート。GSM/GPRSにも対応しており、海外でも国際ローミングサービスが利用できる。ノートPCに差し込むだけでドライバが自動インストールされる「ゼロインストール」にも対応している。ExpressCard/34スロットを持つPCのほか、CardBus対応のPCカードアダプタが付属するため、PCカードスロットを搭載するPCでも利用可能だ。なおOP2502 HIGH-SPEEDは、64Kデータ通信には対応しておらず、テレビ電話も利用できない。

※初出時に「定額データプラン64Kには非対応」と記載していましたが、誤りでした。お詫びして訂正します
型番 OP2502 HIGH-SPEED
形状 ExpressCard/34型
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約34×121×13ミリ
重さ 約30グラム
音声通信 非対応
対応エリア(日本国内) FOMAハイスピードエリア/FOMAサービスエリア
通信速度 FOMAハイスピードエリア:送信最大384kbps/受信最大3.6Mbps、FOMAエリア:送受信最大384kbps、64Kデータ通信:非対応
対応OS Windows Vista/XP Professional/XP Home Edition/2000 Professional、Mac OS X(10.4.7〜10.4.10)
Photo CFカード型のHSDPA対応通信カード「N2502 HIGH-SPEED」

 N2502 HIGH-SPEEDは、CFカード型のデータ通信カード。PDAなどでの利用も可能で、Windows CE .NET 4.1やWindows Mobile 5.0/6.0などに対応しているのが特徴だ。こちらは64Kデータ通信にも対応し、定額データプランHIGH-SPEEDもしくは定額データプラン64Kで利用できる。音声通話には対応していない。

型番 N2502 HIGH-SPEED
形状 CF TypeII型
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約43×65×9ミリ
重さ 約24グラム
音声通信 非対応
対応エリア(日本国内) FOMAハイスピードエリア/FOMAサービスエリア
通信速度 FOMAハイスピードエリア:送信最大384kbps/受信最大3.6Mbps、FOMAエリア:送受信最大384kbps、64Kデータ通信:送受信最大64kbps
対応OS Windows Vista/XP Professional/XP Home Edition/2000 Professional、Windows CE .NET 4.1、Windows Mobile 5.0/6.0

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10