ニュース
» 2007年10月02日 17時47分 公開

十字キーにマウスのような操作感──感覚入力センサーが変える携帯UICEATEC JAPAN 2007

ジョグホイールのようになぞったり、マウスやジョイスティックのようにカーソルを動かしたり……。十字キーでこんな操作を可能にする携帯向けユーザーインタフェースをアクロディアとアップサイドが開発した。

[後藤祥子,ITmedia]

 携帯画面の大型化に伴い、工夫を求められているのが携帯の入力インタフェースだ。すばやく快適なスクロールを実現しようと各メーカーが工夫を重ね、ニューロポインター(NEC)やジョグダイヤル(ソニー・エリクソン・モバイル)、スピードセレクター(三菱電機)、Xcrawl(シャープ)、タッチクルーザー(シャープ)など、多彩な入力インタフェースが登場している(9月3日の記事参照)

 アクロディアとアップサイドがCEATECに出展したのは、これらのデバイスの“いいとこ取り”をしたような入力インタフェース。アップサイドが開発した感圧式センサーにアクロディアのユーザーインタフェースを組み合わせることで、十字キーにシングルタップやダブルタップ、指でなぞる回転などの機能を持たせた。

Photo メニューや電話帳データを直感的な操作でスクロールできる

 指で押し込む際の強さを感知するため、“弱く押すとゆっくりとしたスクロール、強く押すと高速スクロール”といった操作も可能。十字キー部分をジョイスティックライクな操作で使うこともでき、地図やWebなどの操作も快適に行えるという。

Get Macromedia FLASH PLAYER このムービーをご利用いただくためにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。


Get Macromedia FLASH PLAYER このムービーをご利用いただくためにはFLASHプラグイン(バージョン8以上)が必要です。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう