速報
» 2007年11月14日 23時22分 公開

アプリックス、Linux携帯電話向け標準実装を組込み総合技術展に出展

[ITmedia]

 アプリックスは11月12日、ドコモの共通プラットフォーム「MOAP(L)」を活用したLinux携帯電話向けプラットフォームのリファレンス・インプリメンテーション(標準実装)を、11月14日から16日までパシフィコ横浜で開催の「Embedded Technology 2007/組込み総合技術展」に出展すると発表した。出展は、開発に協力したソフィアシステムズ、トライピークスおよびモンタビスタソフトウエアジャパンのブースで行う。

 同プラットフォームは、移動体通信事業者から提供された仕様書に基づいて開発されたアプリケーション群を備えており、汎用的な携帯電話プラットフォームをカスタマイズするのに比べ、携帯電話メーカーの開発負担が軽減されるほか、より短い期間で事業者仕様に準拠した製品の開発が可能になる。

 また、同プラットフォーム用に開発された技術やソフトウェアは、顧客からの要望にもとづき、Linuxをベースとしたオープンソースによる端末向けOSを用いた携帯電話向けプラットフォームなどにも搭載していくという。

 

 組込み総合技術展では、協力会社が提供するミドルウェアを含め、評価用の端末に実装され、動作している様子を展示する。同社エンジニアによるプレゼンテーションも実施する予定だ。

関連キーワード

組み込み | Linux | ミドルウェア | NTTドコモ


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう