auのKCP+端末「W54S」「W54SA」「W56T」に不具合――ソフト更新で対応

» 2008年02月13日 19時49分 公開
[ITmedia]

 KDDIは2月13日、KCP+端末としてリリースされた「W54S」「W54SA」「W56T」に不具合があると発表した。無線経由のソフトウェア更新で対応するとし、同日から改修済みソフトの配信を開始した。

Photo 不具合があることが分かった「W54SA」(左)「W56T」(中)「W54S」(右)

 3端末に共通で起こる事象は(1)EZ FeliCaアプリについて、ダウンロード直後の起動や一発起動設定後の起動、Webやメールと連携した起動が行えない場合がある(2)PCサイトビューアー利用時に、テキストボックスに入力した文字列が反映されない場合がある という2点。

 W54SとW56Tで起こる事象は(1)Cメールを1000件受信するか1000件送信すると、電源のリセットを繰り返す (2)圏外から圏内に移動するとEZwebに接続できなくなる (3)字入力時に単語登録や絵文字パレットを開くと電源がリセットする場合がある という3点。(1)の事象が起こった場合はソフトウェアアップデートで対応できないことから、預かり修理になる。

 W54SAで起こる事象は、メール本文をスムースタッチで入力した場合やmicroSDデータフォルダでサムネイル表示中にサブメニューキーを押した場合などに、電源がリセットされたりキー操作を受け付けない状態になるというものだ。なおW54SAについては、2月8日に発表された不具合は今回のソフト更新では解消されないため、プリセットアプリの不具合がある場合には預かり修理になる。

 KDDIでは当該ユーザーにソフトウェアアップデートにかかる時間はW54SとW56Tが最大10分、W54SAが最大25分。ソフトウェアの更新はユーザーが手動で行えるほか、自動更新設定をオンにしている場合は、「auからのお知らせ」を受信したあとに深夜から早朝にかけて自動でソフトが更新される。

関連キーワード

W54SA | 不具合 | W56T | KDDI | au | KCP+ | W54S


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月22日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  4. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. 「Galaxy A55 5G」のそっくりスマホ「Galaxy A35 5G」が海外で販売中 何が違う? (2024年05月21日)
  7. 身に着けられる小型ドライブレコーダー&防犯カメラ「ライフレコーダー128」、クラウドファンディング開始 (2024年03月21日)
  8. 「Galaxy S24 Ultra」のカメラを徹底検証 2億画素の10倍ズームは常用できるレベル AIやSペンを駆使した機能も秀逸 (2024年05月20日)
  9. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  10. 「iOS 17.5.1」配信 削除した写真が表示されるバグを修正 (2024年05月21日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年