横にも開く“2WAYオープン”と有機EL、高画質を楽しむハイエンドAV-Gear──「Woooケータイ W62H」

» 2008年06月03日 11時18分 公開
[岩城俊介,ITmedia]

 人気のWoooケータイがさらに進化。発色豊かな有機ELディスプレイで、ワンセグや映像コンテンツを高画質に楽しめる日立製作所製の2代目Woooケータイが登場する。「Woooケータイ W62H」は新機構“2WAYオープンスタイル”を採用し、長尺の動画コンテンツを配信する新サービス「LISMO Video」に対応。ワンセグや動画コンテンツ機能を中心に、AV機能を強化した。

photo

photophotophoto

photophoto Woooケータイ W62H

 ワンセグは、15fpsの受信映像を倍の30fpsにするフレーム補間機能「なめらかモード」を新たに備えた。日立製作所のハイビジョンテレビ“Wooo”シリーズで培ったカラーマネジメント機能もさらにチューニングされ、ワンセグを美しくなめらかな表示で視聴できる。

 外観デザインは、新機構の2WAYオープンスタイルを活かすスマートヒンジと蒸着塗装+イルミネーションで洗練された高級感を演出する。フラッシュシルバーは日立製作所製端末でおなじみの、見る角度により色が変化する“マジョーラカラー”、レーザーブルーはつややかな深みのあるブルー、シェードブラックは触感がよいソフトフィール塗装を採用する。

 ディスプレイは前モデル「Woooケータイ W53H」の2.8インチワイドQVGA(240×400ピクセル)有機ELを継承。2WAYオープンスタイルの採用で、映像コンテンツや本格3Dゲーム「Full Game!」がワイド画面の横スタイルで楽しめる。スポーツゲームなど5つのアプリをプリセットするほか、PCサイトビューアーやPCドキュメントビューアーも横向き画面と連動して利用できる。PCドキュメントビューアーはWordやExcelファイルの編集も行えるようになっている。

 プラットフォームはKCP+を採用した。下り最大3.1Mbps、上り最大1.8Mbpsで高速に通信できるEV-DO Rev.Aやau one ガジェット、マルチプレイウィンドウ、Bluetoothに対応し、「au Smart Sports」サービスも利用可能。ランニングやウォーキングなどの手軽なスポーツをアシストするRun&Walkアプリをプリセットし、音楽再生もワイヤレスで楽しめる。

「Woooケータイ W62H」の主な仕様
機種名 Woooケータイ W62H
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約51×106×18.2ミリ
重さ 約122グラム
連続通話時間 約260分
連続待受時間 約230時間(暫定)
カメラ 有効197万画素
外部メモリ microSD
メインディスプレイ 約2.8インチワイドQVGA(240×400ピクセル)有機EL
サブディスプレイ
主な機能 ワンセグ、おサイフケータイ(EZ FeliCa)、LISMO Video、EZチャンネルプラス、災害時ナビ、ナカチェン、EZアプリFull Game!、EZケータイアレンジ、PCサイトビューアー、赤外線通信、オープンアプリプレイヤーなど
ボディカラー レーザーブルー、フラッシュシルバー、シェードブラック

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月24日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. Xiaomiが「POCO F6 Pro」を発売 Snapdragon 8 Gen 2搭載で6万9980円から、ゲーミング要素は控えめに (2024年05月23日)
  3. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  4. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  5. データで振り返る“スマホシェア”の5年間、Google躍進で国内メーカーに衝撃 (2024年05月24日)
  6. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  7. USB Type-C接続のインイヤーオープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」発売 (2024年05月23日)
  8. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  9. ポケモンGOのAR撮影が“誰でも簡単に”楽しめるよう大幅進化 Nianticの狙い、遊んで感心したこと (2024年05月23日)
  10. POCOブランド初のタブレット「POCO Pad」、4万4800円で6月中旬以降に発売 (2024年05月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年