ニュース
» 2011年08月31日 15時06分 公開

ドコモ、「MEDIAS WP N-06C」「P-03C」のソフト更新を開始

ドコモは、NECカシオ製のAndroidスマートフォン「MEDIAS WP N-06C」とパナソニック モバイル製のカメラケータイ「P-03C」のソフトウェアアップデートを開始した。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは8月31日、NECカシオコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン「MEDIAS WP N-06C」とパナソニック モバイルコミュニケーションズ製のiモード端末LUMIX Phone「P-03C」のソフトウェアアップデートを開始した。

photophoto 「MEDIAS WP N-06C」とLUMIX Phone「P-03C」

 N-06Cのソフト更新では、

  • 時計ウィジェットの時刻がまれに更新されなくなる場合がある
  • ブラウザで新しいページを表示する際に、まれに既に開かれているウィンドウが正常に動作しない場合がある

 という不具合を解消する。ソフトは自動更新に対応していないため、更新通知を受け取った場合はユーザーが手動で更新操作を行う。なお、ソフトを3G通信でダウンロードするとパケット料金が発生するが、接続先をソフト更新用のAPNである「docomo-fota.net」に切り替えると、パケット料金が無料になる(更新後にAPNを元に戻す必要がある)。また無線LAN環境でダウンロードした場合もパケット料金はかからない。更新の所要時間は約8分。

 P-03Cのソフト更新では、まれにカメラが起動しないという不具合を解消する。P-03Cは新しいソフトを自動でダウンロードし、あらかじめ設定した時間(デフォルトは午前3時)に更新を行う。手動で即時更新することも可能だ。更新の所要時間は約11分。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう