ニュース
» 2013年10月30日 17時27分 公開

レノボ“八八艦タブ”の実売予想価格も:レノボ・ジャパン、「YOGA TABLET」で日本向け3G対応モデルに言及 (2/2)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Miix2は“Personal”付属で11月末出荷確実

 製品説明会の会場には、YOGA TABLETシリーズをはじめとして、同日発表の「YOGA 2 Pro」や「Flex」シリーズを展示していたが、その中に、10月17日に発表した「Miix 2」も開発サンプルを公開していた。日本では、10月18日のWindows 8.1の発売イベントで記念撮影のためにステージに登場したレノボ・ジャパンの留目 真伸氏が見せただけで、実機をすぐ近くで確認できるのは初めての機会になる。

 まだ開発途上の試作品で動作が安定しておらず、OSのWindows 8.1も中国語版ということで、来場者は触れることすらできなかったが、本体に搭載したインタフェース(カバーで隠れた部分を除く)や背面の状況を確認できた。

“八八艦タブ”として超私的に期待している8インチディスプレイWindows 8.1タブレット「Miix 2」の動作サンプルを展示していた。来場者は触れることさえできなかったが、スタッフが操作するスタート画面のスクロールはいたってスムーズだった

 発表資料によると、Miix2のハードウェア構成は、プロセッサにIntelのBay Trail世代のクアッドコアAtomを搭載し、ディスプレイ解像度は800×1280ピクセル、システムメモリエリアとして使えるRAMを2Gバイト、ストレージとして使えるフラッシュROMを最大128Gバイト用意する。また、有効500万画素のメインカメラと有効200万画素のインカメラも内蔵する。本体の厚さは8.35ミリで、重さは約350グラムとなる予定だ。

本体搭載のインタフェースは長辺側面の片側に集中しているようだった。電源ボタンや音量調整ボタン、そして、MicroUSBも1つの側面に設置している。背面のメインカメラを上部寄りに内蔵していた

 現在、日本向けモデルの開発作業は順調に進んでいて、出荷時期については「11月末はほぼ確実」(レノボ・ジャパン関係者)という。なお、実売予想価格としては、Microsoft Offce Personal 2013が付属する最小構成で約4万円台の前半で調整を進めているという。ただ、現在の計画でMicrosoft Offce Personal 2013が付属しない構成を用意する予定はない、とのことだ。

 また、ThinkPad Tablet 2のようなデザインをそろえたBluetoothキーボードといったオプションも現在のところ予定はないと語っている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう