Google I/Oで発表されるのは次期Android、Android Wear、Android TV?

» 2014年06月25日 07時33分 公開
[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleの年次開発者会議「Google I/O」の開催を翌日に控え、米Businessweekが6月24日(現地時間)、GoogleのAndroid/Chrome/Apps担当上級副社長、スンダー・ピチャイ氏に関する5ページにわたる記事を掲載した。

 pichai 2013年のI/Oでのスンダー・ピチャイ上級副社長

 この中でBusinessweekは、4月に退社したヴィック・ガンドトラ氏に代わってピチャイ氏がI/Oの基調講演の総合司会を担当し、次期Android、「Android Wear」、「Android TV」を発表すると報じた。

 Google I/Oの予測は既に多数出ているが、Android 4.4(コードネーム:KitKat)が昨年秋に発表されたばかりということもあり、次期Androidは発表されないとみられていた。

 Googleはこれまで、次期Androidをホリデーシーズンの直前に発表(IceCream Sandwichは2011年10月、KitKatは2013年9月。Jelly Beanは2012年6月だった)し、ホリデーシーズンに最新Androidを搭載できるのはGoogleのNexusブランドの端末だけになっていたが、このプロセスについてハードウェアメーカーから不満が上がっていたという。

 次期Androidのコードネーム(Lで始まるスイーツの名称になる見込み)はまだ分かっていない。

 ウェアラブル端末向けプラットフォームであるAndroid Wearについては、Googleが3月の時点で「パートナーメーカーが今夏に腕時計タイプの端末を発売する」と発表しているので、I/Oでそうした端末が披露されるとみられる。

 ピチャイ氏はインタビューで、「心拍数や血圧を測るためにせいぜい年に1回しか病院に行かないのはおかしい」とし、「これらはもっと頻繁に測定し、分析できるようになるべきだ」と語った。

 Android TVについては、4月にThe Vergeが報道した。Android TVは「Google TV」とは異なり、米Appleの「Apple TV」や米Amazon.comの「Amazon Fire TV」と同様の、コンテンツを楽しむためのシステムになる見込みだ。

 Google I/Oではこの他、Nestのサードパーティー向け開発者プログラム「Nest Developer Program」やGoogle Glassの進捗なども発表されると予想されている。

 Google I/Oは日本時間の26日午前1時から。専用ページでライブストリーミングされる予定だ。

 io

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  4. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  5. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  6. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  7. ダイソーで1100円「完全ワイヤレスイヤホン(ツートンカラー)」は値段相応にそこそこ聞ける 高音はシャリシャリ (2024年06月22日)
  8. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  9. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  10. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー