レビュー
» 2015年07月13日 13時30分 公開

「で、どっちがいいの?」 Apple WatchとAndroid Wearを使い比べて分かったこと (2/4)

[すずまり,ITmedia]

操作の違い

 Android Wearは基本的にフリック操作だけで済むが、Apple Watchはフリックするだけでなく、画面を押す、デジタルクラウン(竜頭)を押す・回す、と覚えなくてはならない操作が多い。このため、Android Wearから移行するとかなり戸惑う。初めてのスマートウォッチがApple Watchだとしても、操作の基本は学習する必要があるだろう。特に画面を「押す」操作はイメージしにくい。iPhoneアプリで操作に戸惑うことが多い方は、一層悩むかもしれない。

 なお、スクリーンショットが撮りやすいのはApple Watchである。Android Wearはスマートフォン側の操作も必要になるため手間がかかり、タイミングも逃しやすい。

通知動作

 Apple Watchの通知はスマートフォンの通知パネルに似ている。通知が有効なものは振動とともに表示され、1度見た通知は一覧で見ることができる。

 Android Wearの場合も振動とともに通知内容が表示される。確認するまでは通知の一部が時計上に常にチラ見せされるので、通知があったことに気付きやすい。

 ただし、通知ログのようなものをまとめて見ることはできないので、うっかり右フリックして非表示にしてしまうと大変だ。1度見た通知を再び見たくても再度知らされるのを待つしか無い。

通知内容

 基本的にどちらも通知を有効にしたアプリがベースになるが、Apple Watchはユーザーが望んだものが通知される。

 一方、Android Wearにはお節介がプラスされている。たとえばGoogleカレンダーにスケジュールと訪問先の住所を設定しておくだけで、予定通りに到着するためには、自宅を何時何分までに出発するように、と通知されたりする。出先でも「自宅まで何分」と教えてくれたり、最寄りのバス停を突如紹介してくれたりする。そういう設定があるわけではないというところがポイントだ。このお節介がかなり侮れない。

photo Android Wearの通知の中でもお気に入りのおせっかいがこちらの通知。Googleカレンダーにしっかり時間と住所を入力しておくと教えてくれる

ウォッチフェイスの数

 ウォッチフェイスの種類の多さや自由度は、今のところAndroid Wearのほうがはるかに上をいく。選択を間違えるとバッテリーを浪費することにもなるのだが、選べる楽しさがある。

 しかも、時計を見る動作をしないときでも、Android Wearはウォッチフェイスと通知の一部を電子ペーパー風に表示するが、Apple Watchは真っ黒なままだ。以前のAndroid Wearも真っ黒だったが、最近は見ないときは時計らしい振る舞いをするようになっている。キーボード操作のために外してテーブルの上においたとき、置き時計代わりになってくれるのはAndroid Wear。これが“時計”として意外と便利なのである。

photo 手首を返すとオンになるのは同じ
photo Android Wearはオフになったときでも時計の風情を残すようになった

メールやメッセージの見え方

photo 着信したGmailが同時に通知されたが、その先の挙動は分かれる

 Android Wearはデバイスだけでメールやメッセージが全文読めるが、Apple Watchは一部の表示に止まっている。もっとしっかり読みたいときはスマートフォンに引き継ぐことになるが、Android Wearはフリック操作だけでダイレクトにアプリが起動し、見たいコンテンツが表示される。

 一方、Apple Watchは「了解」をタップしたあと、どうしていいのか分からなかった。実際にはロック画面の左下に表示されるアイコンから対象アプリを起動できるのだが(Handoff機能)、1アクション余分に必要となるし、その設定や動作は別途学ばなくてはならない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう