ニュース
» 2018年05月30日 14時50分 公開

ブランドは「TOUGHBOOK」に統一:パナソニック、スマホ機能付き頑丈ハンドヘルド「TOUGHBOOK FZ-T1」を披露 特徴は? (3/3)

[房野麻子,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

FZ-T1の活用イメージ

 発表会では、倉庫や店舗をイメージした活用例が複数紹介された。

 FZ-T1は仕事に必要なデータをネットワークからダウンロードできる。さらに、基本的なユーザーインタフェース(UI)はAndroidスマホそのものなので、操作の習得も簡単。通話機能やカメラ機能も備えているため、従来はバラバラだったデバイスを1台に集約できるといったメリットが語られた。

 また、スリムな形状であるため若い女性が持ってもデザイン的に違和感がないことも紹介された。

倉庫をイメージしたデモ 倉庫をイメージしたデモ
店舗をイメージしたデモ 店舗をイメージしたデモ

 先述の通り、バーコードリーダーをよく使う用途向けにピストルグリップやオートレンジバーコードリーダーの提供も検討されている。発表会ではデモも行われたが、「案件ごとに対応する計画なので、発売時期は未定」(土田氏)となっている。

オートレンジバーコードリーダー FZ-T1用のオプションとして開発中のオートレンジバーコードリーダー
離れた場所からバーコードスキャン オートレンジバーコードリーダーを装着すると、かなり離れた場所からもバーコードをスキャンできる

他のTOUGHBOOKとの比較

FZ-N1との比較 左がFZ-T1で、右が従来機種のFZ-N1。T1はN1より約3mm(バーコードリーダー部分は約13mm)薄くなり、重量は30g強軽くなっている
P-01Kとの比較(その1) 左がドコモ版のP-01K(モックアップ)、右がFZ-T1。2モデルの大きな違いは「バーコードリーダーの有無」と「ウォームスワップ機能の有無」となる。オプションについてもFZ-T1の方がより幅広くなる見通しだという(インターフェイスの形状が異なることも要因)
P-01Kとの比較(その2) 手前がP-01Kで奥がFZ-T1。FZ-T1はバーコードリーダー部分に厚みがあり、機能を割り当ててワンプッシュ起動できる側面のボタンが、従来製品と同じオレンジ色。主にバーコードリーダー機能が割り当てられる
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう