連載
» 2018年08月26日 10時00分 公開

WIN初のアナログテレビチューナー内蔵ケータイ「WIN W32SA」(懐かしのケータイ)

アナログテレビとFMラジオチューナーを搭載した「WIN W32SA」。着うたフルなどをワイヤレスでカーステレオなどに飛ばして聴ける、FMトランスミッター機能にも対応していました。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、au(KDDI・沖縄セルラー電話)の三洋電機(現・京セラ)製ケータイ「WIN W32SA」です。

「WIN W32SA」(閉じた正面)
「WIN W32SA」(開いた正面) 「WIN W32SA」

 2005年に発売されたW32SAは、WIN端末では初のアナログテレビチューナーを内蔵したケータイです。

 テレビ機能はステレオ放送や音声多重放送に対応している他、最大40分の録画も可能でした。また、新サービス「EZテレビ」に対応していて、視聴中の番組やCMで流れている楽曲を簡単に検索して、着うたや着うたフルをダウンロードできるようになっていました。

閉じた背面
アンテナを伸ばした様子

 テレビチューナーのほかにFMラジオチューナーも搭載。他のテレビ・FMラジオ対応ケータイではテレビチューナーを利用してFMラジオも聴けるようになっていましたが、W32SAは専用のFMラジオチューナーを搭載。ステレオ音声でFMラジオを楽しめました。

 ケータイでは初めてとなるFMトランスミッター機能も搭載していて、W32SAでダウンロードした着うたフルやSD-Audio、動画の音声部分をFM電波にして、カーステレオなどのFMチューナー内蔵機器に飛ばして聴くことができました。

キー回り
バッテリーを外した様子

「WIN W32SA」の主な仕様

  • 発売日:2005年7月15日
  • キャリア:au
  • メーカー:三洋電機
  • サイズ:約50(幅)×103(高さ)×28(奥行き)mm
  • 重量:約129g
  • メインディスプレイ:2.3型(240×320ピクセル)TFT液晶 26万色相当
  • サブディスプレイ:0.9型有機EL 4色
  • アウトカメラ:有効約126万画素CCD
  • ボディーカラー:レイヤードオレンジ、デュアルブラウン、グルービングシルバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう