連載
» 2018年08月19日 10時00分 公開

auの「3Dナビ」に初対応! 音楽機能も充実した「WIN W43T」(懐かしのケータイ)

ルート上の交差点などの風景を立体表示してくれる「3Dナビ」に初めて対応した「WIN W43T」。大口径のステレオスピーカーや、背面に音楽再生用のボタンを搭載するなど、音楽機能も充実したケータイでした。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、au(KDDI・沖縄セルラー電話)の東芝(現・富士通モバイルコミュニケーションズ)製ケータイ「WIN W43T」です。

「WIN W43T」(閉じた正面)
「WIN W43T」(開いた正面) 「WIN W43T」

 2006年に発売されたW43Tは、「3Dナビ」対応した第1弾モデルです。

 3Dナビは、auの徒歩ナビサービス「EZナビウォーク」に新たに追加された機能で、ナビルート上の交差点などで周囲の建物などを立体的に表示してくれるというものでした。

「WIN W43T」(閉じた背面)
キー回り

 折りたたみ型ボディの背面には、音楽操作用ボタンが配置されているのが特徴で、サブディスプレイで楽曲名を確認しながら、曲送り・戻し操作などができました。また、直径14mmの大型ステレオスピーカーを搭載して、本体のみで迫力ある音楽を楽しむことができました。

 PC向けのWebサイトを閲覧できる「PCサイトビューア」に新たに対応したほか、2.4インチのメインディスプレイや、323万画素カメラなどを搭載しながら、厚さ22mmのスリムボディを実現していました。

左側面
右側面

「WIN W43T」の主な仕様

  • 発売日:2006年4月21日
  • キャリア:au
  • メーカー:東芝
  • サイズ:約50(幅)×103(高さ)×22(奥行き)mm
  • 重量:約125g
  • メインディスプレイ:2.4型(240×320ピクセル)TFT液晶 26万色
  • メインディスプレイ:モノクロLCD(160×33ピクセル)
  • アウトカメラ:有効約323万画素CCD
  • ボディーカラー:ルシッドブルー、エアリーホワイト、グロッシーブラック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう