ニュース
» 2018年09月21日 10時00分 公開

石川温のスマホ業界新聞:KDDIに続き、ソフトバンクも分離プランでiPhoneを販売――iPhoneの高騰化により、月々の支払いは結局、高くなっていないか

Appleに続いて、3キャリアのiPhone XS/XS Maxの価格が公表された。auに続き、ソフトバンクも端末購入に伴う割引のないプランを主体に販売するわけだが、結果的に月々の負担は増えてしまっている。

[石川温]
「石川温のスマホ業界新聞」

 9月21日のiPhone XS、iPhone XS Max発売に向けて、各キャリアのキャンペーンや端末価格が出そろった。

この記事について

この記事は、毎週土曜日に配信されているメールマガジン「石川温のスマホ業界新聞」から、一部を転載したものです。今回の記事は2018年9月15日に配信されたものです。メールマガジン購読(月額540円・税込)の申し込みはこちらから。


 ソフトバンクが他社に先駆けて8月29日に「ウルトラギガモンスター+」を発表していたのに対抗し、KDDIが「iPhoneギガトクキャンペーン」を投入。そこにソフトバンクが「ギガ使い放題キャンペーン+」をぶつけてきた。

 ソフトバンクとKDDIが強いのは、すでに端末代金と通信料金の分離プランを導入したことで、一見、安価に見える値付けを大々的にアピールできる点にある。当然、iPhone XS Maxの512GBモデルは端末価格で17万円を超える製品となるだけに、分割払いとなれば、それだけ毎月、支払う料金は上がることになるのだが、そのあたりを一切、無視してアピールしている点が興味深い。

 しかも、端末価格は公正取引委員会から目をつけられている4年間の割賦販売での価格を提示。2年使用後に下取りに出す前提での「実質価格」で記載しているのが何ともいやらしい。

 その点、NTTドコモは、従来通りの「月々サポート」で端末価格に毎月、割引を適用した価格表示となっている。

 どちらかといえば、NTTドコモこそ、端末の割引販売を辞めたがっていたはずが、いつの間にか、NTTドコモだけがiPhoneの端末に割引を適用する会社になってしまった。

 NTTドコモも「docomo with」で、月額1500円を割り引くサービスを提供しているが、「4万円以下の端末に適用する」(吉澤和弘社長)という条件になっているだけに、そろそろ、しれっと4万円以上にも適用してもいいのではないか。

 なんとか通信料金を値下げしようとキャリアにプレッシャーをかけてきた総務省であるが、彼らが長年、望んでいたのが「通信料金と端末代金の分離」だった。図らずも、総務省の望む状況が整ったなか、これからまた検討会を立ち上げようとしている。すでに分離プランが一般的になるなか、総務省はいったい何をキャリアに求めていくのか。

 また、総務省が望む分離プランが導入されたにも関わらず、国民が支払う通信料金が下がることなく、上がっていく傾向が見える中、分離プランの導入が本当に国民にとって良かったのか。むしろ、分離プランがなかったほうが、国民のためになったのではないか、という視点で、総務省には議論を進めてもらいたい。

© DWANGO Co., Ltd.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10