ニュース
» 2018年10月09日 18時40分 公開

ドコモの「MONO MO-01K」がOSバージョンアップ Android 8.0に

NTTドコモのZTE製スマートフォン「MONO MO-01K」に対するOSバージョンアップが始まった。バージョンアップ後のOSは「Android 8.0」で、同OSの新機能や、タッチ操作を無効化する「タッチブロックモード」が使えるようになる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは10月9日、ZTE製スマートフォン「MONO MO-01K」に対するOSバージョンアップを開始した。バージョンアップ後のOSは「Android 8.0(Oreo)」で、ビルド番号は「DCM_JP_MO-01K_OV1.0.0B23」となる。

Photo MONO MO-01K

 OSバージョンアップにより、コピーアンドペースト機能が拡充する。電話番号を文字列として選択すると電話アプリを、住所を選択すると地図アプリを起動するショートカットが表示される。。ログイン情報を記憶し、自動入力する機能も追加される。

 また、タッチ操作を無効にできる「タッチブロックモード」をマナーモードスイッチで利用可能にする。合わせてセキュリティパッチを 2018年9月分に更新する。

Photo テキストのダブルタップ選択や「自動入力」機能が利用可能に

 アップデート操作は「設定」→「端末情報」→「Androidバージョンアップ」を選択し、画面の案内に従う。更新所要時間は約27分で、端末内のデータによっては前後する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう