ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Android 8.0 Oreo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Android 8.0 Oreo」に関する情報が集まったページです。

PCデスクにサウンドバーはアリなのか? 10万円切りの「JBL BAR 800」で使い勝手を検証してみた
JBLブランドのサウンドバーはさまざまなモデルが用意されるが、「JBL BAR 800」はワイヤレスのリアスピーカーとしても利用できるユニークな1台だ。実際に試して分かったことをまとめた。(2024/1/23)

ジョルダン、ChatGPT活用の音声チャットアプリ「HANASON」提供 雑談から相談、創作まで
ジョルダンは、ChatGPTを活用したスマホ向けチャットアプリ「HANASON」をリリース。5つの各カテゴリーからユーザー自身の嗜好に合わせてテーマを選択でき、今後は追加機能を搭載した有料版でも展開していく予定。(2023/11/28)

「Pixel Buds Pro」に会話検知などの新機能 クリアな音声通話も可能に
Googleは完全ワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds Pro」のアップデート内容を発表した。人の会話を自動検知し、内容を聞き取りやすくする。新色の追加も発表された。(2023/10/5)

モバイル決済の裏側を聞く:
Google Payが「Google ウォレット」になって変わったコト 今後の進化は? 日本の決済責任者に聞く
「Google Pay」から「Google ウォレット」に刷新したGoogleの非接触決済サービス。グローバルの方針に日本も対応した形だが、アプリを刷新したことで何が変わったのか。決済にとどまらない機能拡張も期待される。(2023/7/13)

XREAL Airの可能性を広げる「XREAL Beam」も体験 XR総合展で最新デバイスに触れてきた
6月28日から30日にかけて東京ビッグサイトで「第1回 メタバース総合展 夏」を含む「第3回 XR総合展 夏」が開催された。グローバルシェアNo.1だというARグラス「XREAL Air」をもっと使える新製品を体験してきた。(2023/7/5)

Pixelの「消しゴムマジック」、iPhoneでも利用可能に 「Google One」ユーザーなら
Googleは、クラウドストレージ「Google One」の特権機能を追加する。これまで一部のPixel向けだった写真編集機能の「消しゴムマジック」などを、Pixel以外のスマートフォンでも利用可能にする。Androidだけでなく、iPhoneでも使えるようになる。(2023/2/24)

Androidスマホをより安全に使うために、やってはいけない6つのこと
価格帯が豊富なAndroidスマホだが、いくつかやってはいけないことがある。設定次第ではユーザーが危険にさらされることもある。6つのやってはいけないことを確認してみよう。(2023/1/4)

Pixel Watch本音レビュー 使って分かった「気に入ったところ」と「困ったこと」
Googleが10月13日に発売した「Pixel Watch」は、Google初のスマートウォッチだ。スマートウォッチ向けOSを提供している一方でApple Watchと比べると約7年半の後れを取っているが、本体デザインやUIは好印象を持てる。(2022/11/14)

auとソフトバンクで「Pixel Watch」を契約するには? 注意点から申し込み方法までを総ざらい
Google初のスマートウォッチ「Pixel Watch」はGPS専用のみならずLTEモデルも用意されている。LTEモデルはauかソフトバンクの通信サービスを契約し、単体での通信が可能だ。注意点と申し込み手順を紹介する。(2022/10/14)

「Pixel WatchでSuica」先行レビュー 注意点は?
Google初のスマートウォッチ「Pixel Watch」がいよいよ発売となる。日本向けモデルは「Suica」が使えることが特徴だが、先行して使ってみるチャンスを得たので、利用方法を簡単に紹介する。(2022/10/13)

Pixel Watchが「Suica」に対応 乗車券と電子マネーのみ利用可能
Googleが新発売するスマートウォッチ「Pixel Watch」が、JR東日本の交通系ICカード「Suica」に対応する。Pixel Watch専用アプリから新規発行可能で、プリペイド残高を使った鉄道/バスの利用と電子マネー加盟店での買い物に利用できる。(2022/10/7)

「Pixel Watch」正式発表、Google初のスマートウォッチは3万9800円から Suicaにも対応か
米Googleは10月6日(現地時間)、同社初のスマートウォッチ「Pixel Watch」を発表した。Wi-FiモデルとLTEモデルの2種類を用意しており、価格は前者が3万9800円、後者が4万7800円。(2022/10/7)

「Google Pixel Buds Pro」クイックレビュー 最近のAndroidスマホならセットアップ簡単
Googleの完全ワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds Pro」が発売された。どんな特徴を持っているのか、簡単にレビューしていこうと思う。(2022/7/29)

テンキーレスの無線メカニカルキーボード「K855」をロジクールが発売 税込み1万1550円
ロジクールは、テンキーレス設計のワイヤレスメカニカルキーボード「ロジクール SIGNATURE K855 ワイヤレス メカニカル TKLキーボード」を発表した。(2022/7/14)

「Sonos Beam(Gen2)」で自宅のサウンド環境を手軽にグレードアップ! ビデオ会議にも使える?
各社からサウンドバーが相次いで登場している。Sonosの「Sonos Beam(Gen2)」は、TVのサウンドを迫力ある物にするだけでなく、Dolby Atmos対応コンテンツで立体サウンドを満喫することも可能だ。(2022/5/6)

ソニー、ウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET 3」を4月21日に発売 冷却性能と駆動時間が向上
ソニーグループは、ウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET 3(レオンポケットスリー)」を4月21日に発売する。メーカー希望小売価格は1万4850円(税込み)。新開発のサーモモジュールと放熱機構により、冷却性能と駆動時間が向上した。(2022/4/21)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
接種証明書アプリ、ちゃんと使えた? iPhoneとAndroidで感じてしまう“格差”
実際にワクチン接種証明書アプリを2人で試しながら語り合いました。(2021/12/21)

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」サービス開始 何が必要? どうすれば使える?
デジタル庁と厚生労働省が、新型コロナウイルスのワクチン接種の証明書として利用できるアプリの配信と運用を開始した。アプリの概要と、アプリの使い始め方を簡単に紹介する。(2021/12/20)

新型コロナワクチン接種証明書アプリ、公開は12月20日 iPhoneとAndroid向け
マイナンバーカードを使い、スマートフォンによって、国内外で利用できるワクチン接種証明書が入手可能になるのは12月20日からということが分かった。(2021/12/7)

スズキのクルマ、スマホとつながる 月額550円
スズキが自社の自動車向けにコネクテッドサービス「スズキコネクト」を始める。12月24日に発表するスペーシアシリーズから導入予定で、緊急時の自動通報やスマートフォンアプリを使ったエアコン操作やドアロック、各種通知に対応する。(2021/12/3)

ドコモ、食品ロスの削減でポイントがたまる「ecobuy」提供
NTTドコモは、食品ロスの削減でポイントが貯まる「ecobuy」を提供開始。ecobuy加盟店が消費/賞味期限が近い対象商品へシールを貼り、対象商品を購入した消費者が写真を送るとポイントが付与される仕組み。(2021/10/20)

Android版「Clubhouse」アプリのβ版が公開 米国から順次サービスを提供開始
iPhone(iOS)向けに提供されている音声SNS「Clubhouse」アプリのAndroid版のβテストが米国で始まった。今後はアプリの機能を拡充しつつ、米国外でのサービス開始を目指していく。(2021/5/10)

「パックマン」「いっき」など80〜90年代の名作ゲームが遊び放題 auスマートパスプレミアム限定
KDDIは、7月13日にauスマートパスプレミアム会員向け「auスマートパスプレミアム クラシックゲーム」を提供開始。「ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会」「忍者じゃじゃ丸くん」「パックマン」「いっき」など80〜90年代の名作ゲームを楽しめる。(2020/7/13)

いろいろなデバイスでThinkPadの快適タイプを実現! 「ThinkPad トラックポイント キーボード II」に感激した
ThinkPadのキーボードユニットを切り出した外付けキーボードが、約7年ぶりにモデルチェンジした。発売に先立って、その打ちごこちを試してみたのでここに報告する。(2020/5/26)

シャープ、Android端末1台あたり月額199円からの企業向けサービス「LINC Biz emm」提供開始
シャープは、4月8日にAndroidスマートフォンの安全な運用をサポートする企業向けEMMサービス「LINC Biz emm」を提供開始。クラウドを介した一括初期設定や紛失時の遠隔操作、業務上に不要なアプリの制限などITポリシーに合わせた柔軟な運用を可能とする。(2020/4/8)

ワイヤレスイヤフォン選びに役立つ「スペック表」の読み方
ワイヤレスイヤフォンを選ぶときは、スペック表を見て、Bluetoothの「プロファイル」や「コーデック」の欄をチェック。製品の位置付けや性格が見えてきます。(2020/1/28)

Androidの月例セキュリティ情報公開、メディアフレームワークに深刻な脆弱性
Androidのメディアフレームワークとカーネルコンポーネントに「Critical」の脆弱性が存在する。(2020/1/8)

スマホやIoT電池で安否確認――ソフトバンクが「みまもりサービス」開始 キャリアフリーで月額無料から
ソフトバンクが、スマートフォンを使ったキャリアフリーの見守りサービスの提供を開始。一部機能が制限される無料版も用意している。(2019/12/10)

現場特化のAndroid搭載スマートグラス「RealWear」、日本市場を狙う
スマートグラスに代わる産業用ウェアラブル・コンピュータが、日本市場で本格的に販売展開を開始する。米RealWearの製品は、Android OSを搭載し、各種アプリが使える他、屋外の過酷な建設現場での使用にも耐えるスペックを有している。(2019/11/28)

軽量版Googleアプリ「Google Go」、日本を含む世界で公開 音声読み上げ機能も
Googleの軽量版Googleアプリ「Google Go」が日本でも公開された。本体がわずか7MBと軽量で、非力な端末でも「Google Lens」などのAI機能が利用できる。翻訳や、Webページの音声読み上げ機能もある。(2019/8/21)

広告を見終わらないと閉じられない、Google Playに迷惑広告アプリを発見
迷惑な広告を表示させるアドウェアは、写真やゲームなどのアプリを装ってGoogle Playで提供され、合計で800万回以上もダウンロードされていた。(2019/8/20)

半径300メートルのIT:
「知らないうちに、スマホから自分の位置情報がダダ漏れ」を防ぐ方法
カメラや地磁気センサー、GPS――あなたがいつ、どこにいたかを伝えるスマホの「位置情報」、本来なら必要のないはずの第三者に公開していませんか?(2019/6/25)

スマートグラス「Glass Enterprise Edition 2」が登場
Google「Glass」がビジネス仕様で再復活 太めのフレームでより眼鏡らしく
ビジネス向けの「Glass Enterprise Edition 2」は、従来モデルと比べてパフォーマンスやバッテリー持続時間、カメラ品質を向上させ、スタイルも一新した。(2019/6/16)

おしゃれで軽い“サングラス風”スマートグラス「nreal light」、20年に発売へ 国内展開も予定
中国nrealが、サングラスのような形状で、約88グラムと軽量なスマートグラス「nreal light」の販売計画を発表。一般モデルは2020年に発売予定で、価格は499ドル(約5万4000円)。開発者向けモデルは19年9月に発売予定で、価格は1199ドル(約13万円)を予定する。(2019/5/31)

アドウェア入りアプリ50本、インストール回数は計3000万回――不正アプリをダウンロードしないためには
Avast Softwareは、「Google Play Store」でアドウェアが仕込まれたアプリ50本を発見したという。問題のアプリでは全画面広告を執拗(しつよう)に表示したり、別のアプリをインストールするよう仕向けたりしていた。(2019/4/24)

NTTドコモのタブレット「dtab d-01K」がOSバージョンアップ Android 8.0に
NTTドコモが「dtab d-01K」をAndroid 8.0にバージョンアップ。「ピクチャー イン ピクチャー」への対応やログイン情報の自動入力、キッズモードとdキッズのプリインなどが行われる(2019/3/25)

auのオトナ向けスマホ「URBANO V04」、2月8日発売 指紋センサーやFMラジオチューナー搭載
auの「URBANO」シリーズの新モデル「URBANO V04」が2月8日に発売される。50代以降の“大人”をターゲットにしたスマートフォン。5.7型ディスプレイに、シリーズ初の指紋センサーを搭載。スマホ活用がはかどる「パーソナル・スクリーン」も採用した。(2019/2/1)

OSバージョンアップの認知は半数 ドコモが認知率向上キャンペーンを実施
NTTドコモは「OSバージョンアップ・セキュリティへのイメージ」をテーマとしたユーザー調査を実施。OSバージョンアップを実施しているのは約6割ながら、認知はそのうちの半数に留まった。この結果を受け、認知率向上を目指して「パイの実」を無料交換できるクーポンのプレゼントキャンペーンを行う。(2019/1/30)

UQ mobile、初心者向け「おてがるスマホ01」を2月7日に発売 3万円台半ば
UQコミュニケーションズが、UQ mobile向けに「おてがるスマホ01」を2月7日に発売する。スマホ初心者を意識して、ホーム画面には大きなアイコンや文字を採用した。UQお客さまセンターの番号があらかじめアドレス帳に登録されている。(2019/1/21)

Mobile Monthly Top10:
2018年のモバイル業界を振り返る(8月編):「Xpeira XZ3」早くも登場/OSバージョンアップの苦労
2018年の各月に読まれた記事トップ10を集計。8月は「Xperia XZ3」の発表がトリガーとなり、Xperia関連の記事が大変よく読まれました。(2018/12/27)

新入社員のモバイルデバイスを登録するときに
QRコード登録がiPhone、Androidのモバイルデバイス管理ツールで人気のワケ
QRコードを使ってデバイスをモバイルデバイス管理(MDM)に登録する方法は、ベンダーによるサポートも広がり、利用しやすくなってきた。このプロセスにはワークフローの簡素化や利便性などの利点がある。(2018/12/24)

Mobile Monthly Top10:
2018年のモバイル業界を振り返る(3月編):「テザリング」はいつまで“特別”なのか
2018年の各月に読まれた記事トップ10を集計。3月はauの「テザリングオプション」有料化に関する記事を始め、テザリングにまつわる記事がよく読まれました。(2018/12/21)

ASUS、5000mAhバッテリー搭載の「ZenFone Max Pro(M1)」発売 約3万円
ASUS JAPANは、12月21日にSIMフリースマホ「ZenFone Max Pro(M1)(ZB602KL)」を発売する。最長35日間(4G通信時)の連続待ち受けが可能な5000mAhバッテリーを搭載し、2つのSIMスロットとVoLTEが使えるDSDVに対応。「ZenFone Live(L1)(ZA550KL)」も同日に発売する予定だ。(2018/12/19)

ASUS、5.5型の初心者向けSIMフリースマホ「ZenFone Live(L1)」12月中旬に発売
ASUS JAPANが、初心者向けのSIMロックフリースマートフォンを発売。初心者でも安心して扱える「簡単モード」や「キッズモード」を搭載し、DSDSや顔認証機能も利用可能だ。本体も1万円台半ばとお手頃だ。(2018/12/5)

ドコモの2画面スマホ「M Z-01K」がAndroid 8.1に カメラに新機能「ベビーモード」「プレビューモード」を搭載
NTTドコモの2画面Androidスマートフォン「M Z-01K」がAndroid 8.1にバージョンアップ。カメラ機能において、乳幼児の撮影時にモーションを表示して視線を引き付ける「ベビーモード」と撮影される側からもプレビューで確認できる「プレビューモード」が追加された。(2018/12/5)

Android最新バージョンへの更新は進んでいない
「Androidエコシステムのセキュリティ」透明性レポート――情報開示に向けた一歩
Googleは2018年11月に「Androidエコシステムのセキュリティ」透明性レポートを初公開した。このデータから見えることと、公開されなかったデータから推測されることについて解説する。(2018/12/3)

スタイラスペン対応の10.1型タブレット「HUAWEI MediaPad M5 lite」11月30日発売 約3万円から
ファーウェイは、約10.1型ディスプレイや高出力4スピーカーを搭載したタブレット「HUAWEI MediaPad M5 lite」を11月30日に発売。スタイラスペン「HUAWEI M-Pen lite」に対応し、さらに利便性が向上した。(2018/11/22)

.NET TIPS:
ExcelなしでExcelファイルを操作するには?(ClosedXML編)[.NET 4.0、C#/VB]
ClosedXmlライブラリを使用して、Excelファイル(.xlsxファイル)の作成、書き込み/読み込み、LINQを使ったセルの値の取得などを行う方法を説明する。(2018/10/24)

10月26日発売:
スマホと電話番号を共有できる子機「ワンナンバーフォン」の特徴をおさらい
ドコモが「ワンナンバーフォン」を10月26日に発売する。親機のスマートフォンと同じ電話番号を使える。どんなユーザーがターゲットなのか?(2018/10/23)

ドコモ、“スマホの子機”「ワンナンバーフォン」10月26日発売 1つの電話番号を2台で共有
NTTドコモが、スマートフォン用の“子機”「ワンナンバーフォン ON 01」を10月26日に発売する。1つの電話番号を2台で共有できるワンナンバーサービスに対応する。(2018/10/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。