今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2018年10月17日 15時56分 公開

回線契約者の信用をスコア化し融資補助 「ドコモ レンディングプラットフォーム」発表

[井上輝一,ITmedia]

 NTTドコモは10月17日、同社の回線契約者向けの融資サービス「ドコモ レンディングプラットフォーム」を発表した。ユーザーの契約情報を基にドコモが信用をスコアリングする。その結果を金融機関が審査に利用する仕組み。新生銀行と提携して2019年3月にサービス第1弾の提供を開始する。

ドコモ回線ユーザーの信用をスコア化

 同プラットフォームは、信用のスコア化である「ドコモスコアリング」、個人ユーザーが融資サービスを利用するアプリとなる「レンディングマネージャー」、dアカウント・ドコモ口座との連携という3つの要素からなる。

 ドコモスコアリングは、融資申込者の同意の下、ドコモ回線契約者の契約内容、利用期間、携帯料金の支払履歴などから信用スコアを算出する。金融機関はこの情報を基に審査を行うことで、個々人の状況に合わせた適切な金利や貸し出し枠を設定できるという。

 融資の窓口となるレンディングマネージャーは、マネーフォワードと提携し共同開発した。銀行口座と連携することでユーザーの収支や借り入れ状況を見える化する他、適切な借り入れ金額の提案、返済アドバイスなどを提供する。

レンディングマネージャーの画面イメージ

 ユーザーへの融資金の入金には、ドコモ口座を用いる。ネット上での決済や送金ができるバーチャルウォレットという特徴を生かし、24時間365日、いつでも融資金を入金できるとする。また、ドコモ口座に入金された金は、2018年11月26日からセブン銀行ATMで24時間365日引き出しが可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう