レビュー
» 2018年10月26日 14時30分 公開

ピッタリを見つけよう! Spigenの「iPhone XS」用ケースを装着してみた (2/2)

[井上翔,ITmedia]
前のページへ 1|2       

タフ・アーマー(マットブラック)

 タフ・アーマーは、TPU素材のインナーケースをポリカーボネート素材の背面パネルで補強するタイプのハイブリッドケースだ。インナーケースにはラギッド・アーマーと同様にエアクッションとスパイダーウェブパターンを備え、Spigenのタフネスケースの中でも高レベルの丈夫さを持つ。

 iPhone XS対応版の参考販売価格は3990円で、背面パネルは「マットブラック」と「ガンメタル」の2色を用意する。今回は、マットブラックのものを装着してみた。

タフ・アーマーを装着したiPhone XS(正面)タフ・アーマーを装着したiPhone XS(背面) タフ・アーマーを装着したiPhone XS

 iPhone X発売時に登場したバージョンと同様に、iPhone XS対応版も引き続き自立スタンドを備えている。アプリでビデオ通話をする時、あるいは動画を見る時に役立つはずだ。

ハイポジション(正面)ハイポジション(背面) スタンドを出せば動画視聴も快適
ローポジション(正面)ローポジション(背面) 立て掛ける方向を逆にすればローアングルにできる

 このケースは公式ストアAmazonストアで取り扱っている。

ラギッド・アーマー(マットブラック)

 ラギッド・アーマーは、柔軟で変形しにくいTPU素材を使ったメカニカルな見た目が特徴のケースで、MIL規格に準拠した耐衝撃性を有している。iPhone XS対応版の参考販売価格は2290円で、「マットブラック」と「ミッドナイトブルー」の2色を用意している。今回はマットブラックのものを装着してみた。

ラギッド・アーマーを装着したiPhone XS(正面)ラギッド・アーマーを装着したiPhone XS(背面) ラギッド・アーマーを装着したiPhone XS

 ラギッドアーマーの四隅には「エアクッション」が設けられており、四隅からの衝突時のインパクトを軽減してくれる。また、ケース内部には衝撃吸収性能をさらに高めるというSpigen独自の「スパイダーウェブパターン」も入っている。これらはSpigenのタフネスケースに共通する装備だ(一部を除く)。

 このケースは公式ストアAmazonストアで取り扱っている。

ネオ・ハイブリッド(ガンメタル)

 ネオ・ハイブリッドはTPU素材のケースとポリカーボネート素材のバンパーを組み合わせたハイブリッドケース。参考販売価格は3180円で、バンパーは「サテンシルバー」「ガンメタル」と「ジェットブラック」の3色を用意している。今回はガンメタルのものを装着してみた。

ネオ・ハイブリッドを装着したiPhone XS(正面)ネオ・ハイブリッドを装着したiPhone XS(背面) ネオ・ハイブリッドを装着したiPhone XS

 ケースの表面には、ヘリンボーンパターン(ニシンの骨のような模様)が施されており、バンパーと合わせてラギッド・アーマーとは違った格好良さを演出している。

 このケースは公式ストアAmazonストアで取り扱っているが、10月26日現在において公式ストアでは売り切れとなっている。気になる人はAmazonストアをチェックしてみよう。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう