今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年01月08日 13時50分 公開

12月のPayPayボーナスは1月8日から順次付与 不正利用で「取り消し」の場合も

PayPayの12月決済分のボーナスが、1月8日から順次付与される。残高の反映状況は、PayPayアプリの残高明細から確認できる。ただし不正利用が発覚した場合、ボーナスは取消となる。

[田中聡,ITmedia]

 PayPayが、2018年12月4日から2019年1月1日までの「PayPay」支払い時のボーナスが、1月8日から10日にかけて順次付与されることを告知。この3日間で、決済番号ごとに別々のタイミングで反映される。アカウントごとにまとめて反映はされない。

 残高の反映状況は、PayPayアプリの残高明細から確認できる。ここには、残高に付与されるボーナスの状況が、決済ごとにリストアップされている。各明細には「PayPay残高付与の処理中」と表示されており、ボーナスが付与されると、「PayPay残高GET」という表示に変わる。

PayPayPayPay PayPayの残高明細はアプリの「残高」タブから確認できる(写真=左)。ボーナス付与前は明細に「PayPay残高付与の処理中」と表示される(写真=右)

 1月11日以降も、「PayPay残高付与の処理中」または「PayPayボーナス処理中」と表示されている場合は、質問フォームから問い合わせるよう呼び掛けている。

 「100億円あげちゃうキャンペーン」での20%還元によるボーナス付与の上限は、1人あたり月額5万円相当、抽選による全額ボーナス付与の上限は1回あたり10万円相当。

 なお、以下のケースに該当する場合、PayPayボーナス付与は取り消しになり、残高明細に「PayPay残高付与の取消」と表示される場合がある。

  • 対象となる支払いをキャンセルし、返金を受けた場合
  • 取引やキャンセルの状況により不正行為が行われたとPayPayが判断した場合
  • 付与前に、対象のPayPayアカウントが停止または削除された場合
  • PayPayの利用規約に違反する行為があった場合、またはその恐れがあるとPayPayが判断した場合
  • 複数のPayPayアカウントで付与を受けたことが確認された場合

 さらに、クレジットカードの不正利用、複数のPayPayアカウントで同じクレジットカードを使用などが判明した場合、ボーナス付与の取消に加え、PayPayアカウントを停止する場合もあるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう