ニュース
» 2019年01月18日 11時00分 公開

DSDV対応:Wikoのエントリースマホ「Tommy3 Plus」が日本上陸 1月末に1万円台半ばで発売

フランスのWiko(ウイコウ)が、日本において約1年ぶりに新型スマートフォンを発売する。2017年2月に発売された「Tommy(トミー)」の事実上の後継機種で、国内3キャリアのVoLTE通話にも対応する。

[井上翔,ITmedia]

 ウイコウ・ジャパンは1月18日、Androidスマートフォン「Tommy3 Plus(トミースリープラス)」を発表した。同日から予約を受け付け、1月末から家電量販店やMVNOを通して販売を開始する。想定販売価格は1万4800円だ。

Tommy3 Plus(正面)
Tommy3 Plus(背面) Tommy3 Plus(ミラー)

 Tommy3 Plusは、若年層やスマホ初心者、スマホの2台持ちをしたい人を主なターゲットとして据えたエントリークラスのスマホ。日本では約1年1カ月ぶりのWikoブランドでの新製品投入となる(※)。

※ 他社ブランド製品としては、2018年2月に「Wiko View Prime」ベースの「gooのスマホ g08」を発売している

 プロセッサはMediaTekの「MT6739WW」(CPU部は1.5GHz×4コア)で、メインメモリは2GB、内蔵ストレージは16GBを備える。外部ストレージは最大128GBのmicroSDXCメモリーカードに対応する。

 ディスプレイは四隅にラウンド加工を施した5.45型HD+(720×1440ピクセル、アスペクト比18:9)液晶を搭載。コスト抑制と縦長画面のトレンド追求を両立した。

 バッテリー容量は2900mAhで、ユーザーによる取り外し・交換も可能だ。外部接続端子はUSB 2.0 micro-B端子。イヤフォンマイク端子は本体上部に独立したものを備えている。

 アウトカメラには1300万画素、インカメラには500万画素のCMOSセンサーを採用。「ライブポートレートぼかし」や「フェイスビューティー」にも対応している。

バッテリー バッテリーは取り外し可能
本体下部 本体下部にはUSB 2.0 micro-B端子を備える
本体上部 本体上部にはイヤフォンマイク端子

 付属品はUSBケーブル、ACアダプター、バッテリー、SIMカードアダプタ×2(詳しくは後述)、クイックスタートガイド、セーフティーブック、保証書、画面保護フィルム本体保護ケースと充実。本体一式とSIMカードさえあればすぐにスマホを使い始められるようになっている。

付属品一式 付属品一式。すぐにスマホを使い始められるレベルで充実している

 SIMカードはMicroサイズのものが2枚挿入できる。nanoSIMを使いたい場合は、付属のSIMカードアダプターに取り付けてから挿入しよう。

 音声通話は国内3キャリアのVoLTEに対応。DSDV(Dual SIM Dual VoLTE Standby:2つのVoLTE回線の同時待ち受け)もできる。au(KDDI・沖縄セルラー電話)とソフトバンク(Y!mobile)については、キャリア公式のIOT(相互接続試験)にも合格しているという。

 筆者が試した限りでは、NTTドコモ回線(MVNO含む)同士の通話であればより高音質な「HD+」通話も可能だった。あくまでも独自検証でキャリアやメーカーが保証しているわけではないが、手頃な価格で高音質な通話を楽しみたい人にもお勧めできそうだ。

スロット回り 各種スロットはリアカバーを外してアクセス。microSDスロットがSIMカードスロットと別になっていることは良い
DSDV VoLTE通話に対応したSIMカードを2枚入れれば、いずれもVoLTEで待ち受け可能
HD+ Tommy3 Plus(右)のドコモ回線から「Galaxy Note9 SC-01L」(右)のドコモ回線宛に電話した所、より高音質な「HD+」通話が有効になった

 モバイル通信における対応通信規格と周波数帯(Band)は以下の通り。国内3キャリアの主要Bandはカバーできている。

  • FD-LTE:Band 1/3/5/7/8/18/19/20/26/28B
  • TD-LTE:Band 38/41
  • W-CDMA:Band 1/2/5/6/8
  • GSM:850/900/1800/1900MHz帯

 Wi-Fi(無線LAN)はIEEE 802.11b/g/n(2.4GHz帯)に対応。Bluetooth 4.2も利用できる。

 OSはAndroid 8.1をプリインストール。ホームアプリはWikoオリジナルの「Wiko Launcher」「シンプルLauncher」の2種類を用意している。特に後者は、アイコンと文字が大きく出てくるため、初心者や高年齢層のユーザーにお勧めだ。

 ボディーカラーはミラー、ブラック、ブリーン、チェリー・レッドの4色を用意。サイズは71.3(幅)×147.6(高さ)×8.6(奥行き)mmで、重量は約150gとなっている。

カラー カラーは4色用意

公式ストアで買うと先着100人に「スマートフォリオケース」プレゼント

 ウイコウでは、Amazon.co.jpにある「Wikoモバイルダイレクトストア」でのTommy3 Plusの購入者のうち、先着100人に純正のスマートフォリオケース(日本発売未定)をプレゼントする。

 このケースをTommy3 Plusに装着した上で、別途「WiLine」という専用アプリをインストールすると、フリップを閉じた状態でも時計や通知の確認もできるようになる。

スマートフォリオケース Amazon.co.jpの公式ストアで購入すると先着100人にプレゼントされるスマートフォリオケース(日本発売未定)
装着図 装着した上で、専用アプリ「WiLine」をインストールすると、このように通知を閉じたまま確認できるようになる(常時点灯ではない)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう