ニュース
» 2019年01月29日 17時00分 公開

LINE Payが「Visaクレジットカード」を2019年内に発行へ 年会費無料で初年度は3%還元

LINE Payが、Visaブランドが付与されたクレジットカードの発行を2019年内に開始する。詳細は別途発表されるが、初年度のカード利用還元率は「3%」と高めに設定される見通しだ。

[井上翔,ITmedia]

 LINE Payは2019年内に、Visaブランドの提携クレジットカードを導入する。単独でNFC決済対応のクレジットカードとして利用可能で、決済サービス「LINE Pay」とひも付けることでコード決済にも利用できる。発行初年度は利用金額に対する「LINEポイント」の還元率を3%と、クレジットカードとしては高率とする予定だ。年会費は無料で、発行に当たっては所定の審査が必要となる。

LINE Pay×Visa

 決済サービスとしてのLINE Payでは、アプリを利用した「コード決済」、Webサイトなどで利用できる「Web決済」の他、JCBカード加盟店で使える「LINE Pay カード」、Google Payの仕組みを利用した「QUICPay+」対応など、利用方法を拡充してきた。

 今回のVisaブランドのクレジットカードも、決済方法を充実する一環として導入される。カードの利用ごとにLINEポイントがたまる他、「LINEウォレット」アカウントを介してLINEで決済通知を受け取れる。

詳細は「後日改めて発表」

 今回、LINE Payが発行するVisaクレジットカードは、LINE PayがVisaカードのブランド利用権を取得、あるいは他のカード会社からブランド利用権を借りて発行する形ではなく、他のカード会社が発行主体となる「提携カード」となる見通し

 ただし、今回の発表ではカードの商品内容について決まっていない点も多い。詳細は、決まり次第「できるだけ早期に」(LINE Pay広報担当)発表するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう