ニュース
» 2019年02月27日 19時25分 公開

USB PD出入力対応モバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 19000 PD」発売 USBハブ機能も

アンカー・ジャパンは、2月27日に入出力ともUSB PD(Power Delivery)へ対応した容量19200mAhのモバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 19000 PD」を発売。最大27W出力が可能なUSB Type-Cと最大15W出力のUSB Type-Aのほか、Ankerのモバイルバッテリーとして初となるUSBハブ機能を備えている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 アンカー・ジャパンは、2月27日にモバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 19000 PD」を発売した。価格は1万999円(税込)で、Amazon.co.jpや一部家電量販店などで取り扱う。

PhotoPhoto モバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 19000 PD」

 本製品は容量19200mAhのバッテリーを備え、USB PD(Power Delivery)に対応したUSB-Cポートで最大27W出力での高速充電が可能。最大15W出力のUSB Type-Aポートも2つ搭載し、最大3台の端末を同時に充電できる。

 Ankerのモバイルバッテリーとして初となるUSBハブ機能を備え、高速データ転送も可能に。電源キーを約2秒間押すとLEDライトが時計回りに3周点滅し、USBハブモードに切り替わる。

 サイズは約169(幅)×77(高さ)×22(奥行き)mm、重量は約425g。バッテリー本体に加え、USB Type-C急速充電器とUSB Type-Cケーブルも付属する。表面には傷が目立ちにくくなるようにマット加工、裏面には滑りにくいゴム加工を施している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう