今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年04月25日 21時50分 公開

Kyashが決済プラットフォームを開放 自社ブランドのVisaカードが即時発行可能に

Kyashの決済プラットフォームを外部企業が使えるようにする「Kyash Direct」。Visaカードを即時発行し、企業が保有する売上金やポイント、仮想通貨などからチャージ、決済可能にする。これらを現金化せず、Visaの広範な加盟店で使えるのがメリットだ。

[田中聡,ITmedia]

 決済や送金のサービスを手掛けるKyashが4月25日、決済プラットフォーム「Kyash Direct」を発表。2019年初夏に提供する。

 Kyashが提供しているスマートフォン向けウォレットアプリ「Kyash」では、Visaプリペイドカードを発行し、このカードにチャージした金額で決済したり、他のユーザーに送金したりできる。Kyashを提供するにあたり、同社は電子マネーのチャージ、カード発行業務、カードを利用した決済の処理業務(プロセシング)を行っているが、これらをワンストップで提供可能にする技術をAPIとして外部に開放する。

Kyash Direct Kyashの決済技術を外部企業が利用できるようになる「Kyash Direct」

 Kyash代表取締役の鷹取真一氏は「決済処理の全てを弊社でさばく。プロセシングからプログラム設計まで、上流から下流まで一気通貫でサポートするのが特徴だ」と語る。

Kyash Direct Kyashの鷹取真一氏

 通常、Visaカードを発行するには、Visaの発行ライセンスを持つ銀行やカード会社と提携し、決済処理を行うベンダーとの契約が必要になり、相応の時間や高いコストが発生する。Kyash Directを活用すれば、低コストかつ迅速に自社のVisaカードを発行でき、国内外5390万のVisa加盟店で決済可能なサービスを提供できるようになる。

 カードはオンライン決済用のバーチャルカードと、実店舗での決済に使うリアルカードのどちらも発行可能。スマートフォンアプリと連携させ、おサイフケータイ対応のAndroidなら、QUICPayを使った非接触決済も行える。

Kyash Direct Kyash Directで発行できるカードの種類

 Kyash Directの利用事例として、同社は「スタートアップ企業向けの法人カード」「利用制限を設けたコーポレートカード」「仮想通貨やポイントを日本円に転換して利用できるカード」「サービスの売上金や報酬で即座に決済できるカード」などを想定している。

 実際、海外ではスタートアップ向けの銀行口座直結カード、売上金を即座に使えるデビットカード、仮想通貨を法定通貨に転換して使えるカード、Uberの配車サービスを終えたドライバーに即日報酬を支払って利用可能にするカードなどが提供されている。

Kyash Direct
Kyash Direct
Kyash Direct 海外でも利用されている、コーポレートカード、仮想通貨Visaカード、即日報酬受け取りカードなどを想定している

 Kyash Directでは、売上金、ポイント、銀行預金、仮想通貨など、企業が持つ資金源(ファンディングソース)からチャージや支払いができる。最高技術責任者(CTO)の椎野孝弘氏は「現金化しないと利用できない、サービス内でしか使えない資金源を、KyashのAPIを使うことで、Visa加盟店で利用できるようになる」とメリットを話す。これら資金源から後払いでチャージしたり、銀行口座から即時決済したりすることで、クレジットカードやデビットカードのように振る舞えるようにもなるという。

Kyash Direct 売上金、ポイント、仮想通貨などが、外部企業のサービスを通して、広範なVisa加盟店で使えるようになる
Kyash Direct Kyashの椎野孝弘氏

 Kyashアプリでは、残高が不足していると、登録しているカードや銀行口座から即時に充当する仕組みを用いている。また、残高に充足する資金源を用途に応じて切り替えることもできる。Kyashが特許出願済みという、この「ダイレクトファンディング」を適用できるのも特徴としている。

Kyash Direct 資金源を即時に充当できる「ダイレクトファンディング」

 他に、カスタマーサポート、リアルカード発行、不正利用のモニタリング、本人確認の代行サービスなどもKyashが担当する。今後は、パートナー企業のユーザーによる送金も可能にする予定。

Kyash Direct カスタマーサポートやカード発行などの業務もKyashが行う

 Kyash Directのビジネスモデルは、パートナー企業のサービスで決済をした際に発生する手数料だが、「決済が増えればレベニューをシェアする場合もある」(鷹取氏)とのこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう