今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2018年10月09日 20時22分 公開

送金・決済アプリ「Kyash」がGoogle Payに対応 QUICPayで支払い

送金・決済アプリ「Kyash」が、10月9日にGoogle Payへ対応。これより国内約72万台の「QUICPay」対応店舗で利用できるようになる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 10月9日から、「Google Pay」が非接触決済の「QUICPay」に対応した。これに伴い、送金・決済アプリ「Kyash(キャッシュ)」がGoogle Payに対応し、QUICPayで支払えるようになる。

Photo 利用イメージ

 Kyashは、プリペイド式のバーチャルカード「Kyash Visaカード」を発行して個人間送金ができるサービス。アプリのユーザー同士をはじめ、スマートフォンの連絡先やSNS経由で送金・請求することができる。カードへのチャージはクレジットカードやコンビニ、銀行ATMで行える他、手数料や年会費は不要だ。

 Google Payへの対応により、国内約72万台のQUICPay対応店舗で非接触決済が使える。利用には「Google Pay」アプリ上の支払い方法メニューへ「Kyash Visaカード」を登録し、支払い時に店舗で「QUICPay」を選択する旨を伝えて専用端末にスマートフォンをかざして決済する。オンラインでは「Google Pay」経由の支払いボタンから決済すればよい。Google Payから支払っても2%還元の対象となる。

photo
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう