ニュース
» 2019年05月10日 14時00分 公開

オリジナルカラーあり:ソフトバンクから「AQUOS R3」登場 下り最大988Mbpsの通信に対応

シャープから発表されたばかりの「AQUOS R3」がソフトバンクから登場。下り最大988Mbpsの通信に対応するハイスペックモデルの1つで、ソフトバンクオリジナルカラーもある。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは、シャープ製スマートフォン「AQUOS R3」を5月下旬以降に発売する。それに先駆けて、5月17日からソフトバンク取扱店とWebサイトで販売予約を受け付ける。

(記事中の通信速度はいずれも理論値)

AQUOS R3(正面)
AQUOS R3(背面) AQUOS R3(左からプラチナホワイト、エレガントグリーン、プレミアムブラック)

 AQUOS R3は、5月8日にシャープが発表されたもののソフトバンク版。AXGP(SoftBank 4G)と3.5GHz帯TD-LTEとの5波キャリアアグリゲーション(CA)に対応するエリアでは下り最大988Mbps、上り最大26Mbpsで通信できる(SoftBank 4G LTEエリアでは下り最大968Mbps、上り最大37.5Mbps)。

 ボディーカラーは「プレミアムブラック」「プラチナホワイト」「エレガントグリーン」の3色を用意する。エレガントグリーンはソフトバンク限定色だ。

ソフトバンクオリジナル色「エレガントグリーン」 エレガントグリーンはソフトバンク限定色となる

 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 855」を搭載。メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GBを備える。外部ストレージは最大512GBのmicroSDXCに対応する。

 画面にはQHD+(1440×3120ピクセル)の6.2型「Pro IGZOディスプレイ」を採用。10億色(10bit)表示と最大120Hz(120フレーム/秒)駆動に対応している。ディスプレイ上部のインカメラ回りと下部の指紋センサー回りにはノッチ(切り欠き)がある。

Pro IGZOディスプレイ 新開発のPro IGZOディスプレイを搭載。画面の上下部に切り欠きがある

 バッテリー容量は3200mAhで、ユーザーによる交換はできない。Qi規格に準拠するワイヤレス充電にも対応する。外部接続端子はUSB Type-Cで、イヤフォンマイク端子は別途備える。

 アウトカメラは「静止画用カメラ」と「動画用カメラ」のデュアル構成。静止画用カメラは1220万画素センサーとF1.7レンズの組みあわせで、光学式手ブレ補正に対応する。動画用カメラは2010万画素センサーとF2.4の超広角レンズの組みあわせで、電子式手ブレ補正に対応する。

 動画撮影では、AI(人工知能)が見どころを自動抽出して15秒間のダイジェスト動画を生成できる「AIライブストーリー」を新搭載。AQUOS R2で好評だった「AIライブシャッター」も引き続き利用可能だ。

 インカメラは約1630万画素センサーとF2.4レンズの組みあわせとなる。

 本体サイズは約74(幅)×156(高さ)×8.9(奥行き)mm、重量は約185g。IPX5/8等級の防水性能とIP6X等級の防塵(じん)性能を備える。OSはAndroid 9をプリインストールする。

ソフトバンク「AQUOS R3」の主な仕様
機種名 AQUOS R3
メーカー シャープ
OS Android 9
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 855
メインメモリ 6GB
内蔵ストレージ 128GB
外部ストレージ microSDXC(最大512GB)
ディスプレイ 約6.2型IGZO Proディスプレイ(ノッチあり)
解像度 QHD+(1440×3120ピクセル)
バッテリー容量 約3200mAh(交換不可)
連続通話時間 約1920分(VoLTE)/約1800分(W-CDMA)/約870分(GSM)
連続待受時間 約605時間(FD-LTE)/約600時間(AXGP)/約685時間(W-CDMA)/約580時間(GSM)
アウトカメラ 約1220万画素CMOS(静止画)+2010万画素CMOS(動画)
インカメラ 約1630万画素CMOS
ボディーカラー エレガントグリーン、プレミアムブラック、プラチナホワイト
サイズ 約74(幅)×156(高さ)×8.9(奥行き)mm
重量 約185g

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう