ニュース
» 2019年05月16日 12時00分 公開

「AQUOS R3」がドコモからも登場 下り最大1576Mbpsに 価格は8万円台後半

ドコモがシャープの「AQUOS R3」を6月1日に発売する。ドコモオリジナルの「ラグジュアリーレッド」を用意。新開発の「Pro IGZO」ディスプレイや15秒のダイジェスト動画を作成するカメラが特徴。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモがシャープ製のスマートフォン「AQUOS R3 SH-04L」を6月1日に発売する。価格は8万円台後半の予定。カラーはドコモオリジナルのラグジュアリーレッドに、プラチナホワイトとプレミアムブラックを加えた3色。

AQUOS R3 ドコモの「AQUOS R3 SH-04L」
AQUOS R3 左からラグジュアリーレッド、プレミアムブラック、プラチナホワイト

 6.2型のQHD+(1440×3120ピクセル)ディスプレイには、新開発の「Pro IGZO」を採用。10億色の色表現と、AQUOS R2比で約2倍の明るさを実現。ディスプレイの駆動速度は、AQUOS R2の100Hzから120Hzにアップしたことで、より滑らかな表示が可能になり、電力効率も10%アップした。

 背面には、「静止画用」と「動画用」に分けた2つのカメラを搭載。動画用カメラは約2010万画素、F2.4、焦点距離18mm相当(35mmフィルム換算)。AIが笑顔や動きなどの見どころを抽出して約15秒のダイジェストムービーを自動で作成する「AIライブストーリー」を新たに用意した。

 静止画用カメラは約1220万画素、F1.7、焦点距離26mm相当で光学式手ブレ補正にも対応する。AIが被写体の動きを検知し、シャッタースピードや露光を最適に調整することで、被写体ブレを抑える機能も追加した。

 プロセッサはQualcommのSnapdragon 855、メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GB。バッテリー容量は3200mAhで、Qi規格のワイヤレス充電にも対応する。FeliCa(おサイフケータイ)やワンセグ/フルセグも利用できる。

 3.4GHz帯を含む、5つの周波数帯を束ねる「5CA」により、通信速度は東名阪の一部で下り最大1576Mbps(理論値)まで向上する。その他のエリアは下り最大1326Mbps。上りは東名阪の一部エリアで最大131.3Mbps、他が112.5Mbps。

AQUOS R3 ラグジュアリーレッドの実機
AQUOS R3
AQUOS R3
AQUOS R3
AQUOS R3
「AQUOS R3 SH-04L」の主な仕様
機種名 AQUOS R3 SH-04L
メーカー シャープ
OS Android 9.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 855(8コア)
メインメモリ 6GB
内蔵ストレージ 128GB
外部ストレージ microSDXC
ディスプレイ 約6.2型IGZO Pro QHD+
解像度 1440×3120ピクセル
バッテリー容量 約3200mAh
電池持ち時間 約100時間
アウトカメラ 約1220万画素CMOS(静止画)+2010万画素CMOS(動画)
インカメラ 約1630万画素CMOS
ボディーカラー ラグジュアリーレッド、プラチナホワイト、プレミアムブラック
サイズ 約74(幅)×156(高さ)×8.9(奥行き)mm
重量 約185g

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう