店舗を変えるモバイル決済
ニュース
» 2019年05月16日 13時44分 公開

「d払い」が機能拡充 加盟店サービス追加の「ミニアプリ」やdポイント送付など【更新】

ドコモが、スマホ決済サービス「d払い」の機能を拡充する。加盟店が自社のサービスをd払いアプリ上に提供できる「d払い ミニアプリ」や「ウォレット」機能を提供。加盟店が掲示するQRコードを読み取っての決済も可能になる。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが5月16日、スマホ決済サービス「d払い」の機能拡充を発表した。

「d払い ミニアプリ」を提供

 「d払い ミニアプリ」は、d払い加盟店が、事前注文や事前決済などのサービスを「d払い」アプリ上で提供できるもの。ユーザーは、各店舗のアプリをダウンロードしたり会員登録したりする必要がなく、dアカウントのみでミニアプリを利用できる。加盟店にとってはd払いアプリから販売促進ができるのがメリット。

 d払い ミニアプリは2019年秋以降に順次提供する。まずはローソン、マツモトキヨシ、エディオン、Japan Taxi、マクドナルドで利用可能になる予定。

d払い ファストフード店のミニアプリを利用するイメージ
d払い ユーザーは個々のアプリをダウンロードする必要がないこと、店舗はユーザーに販促のアプローチができることがメリット

個人間送金もできる「ウォレット」

 2019年9月末から、d払いアプリ上でドコモ口座の各種機能が利用できるようになる。ドコモ口座からのd払い支払い、銀行口座やコンビニからのチャージ、送金やdポイントの送付が、d払いアプリ上で行える。ウォレット機能はドコモ以外のユーザーも利用できる。

d払い ドコモユーザーにdポイントを送るイメージ
d払い ドコモ口座の機能をd払いアプリに取り入れることで、チャージや送金が可能になる

加盟店が掲示するコードの読み取りが可能に

 6月末から「読み取る」決済に対応し、ユーザーは加盟店が掲示するQRコードを読み取ってd払いの決済が可能になる。

 読み取る決済は、デジタルガレージのマルチQRコード決済ソリューション「クラウドペイ」を採用しており、d払いだけでなく「LINE Pay」「メルペイ」「Alipay」「WeChatPay」での決済も対応する予定。

d払い 「読み取る」決済の利用イメージ
d払い マルチQR決済に対応した「読み取る」決済

d払いアプリをリニューアル

 上記3つの機能追加に合わせ、d払いアプリをリニューアルする。アプリには「ウォレット」タブが追加され、ここからミニアプリやウォレット機能が使えるようになる。

 画面上部にはドコモ口座の残高と、dポイントポイント残高が分かれて表示され、ここからドコモ口座にチャージができる。中段には送金、出金、割り勘などのショートカットが表示される。

d払い リニューアル予定のd払いアプリ
d払い
d払い 「ウォレット」タブからミニアプリを利用できる

 ホームタブでは決済用のバーコードを表示したり、バーコードリーダーを起動したりできる。これまではユーザーがQRコード/バーコードを見せて支払う方法にしか対応していなかったが、「ホーム」タブでは「見せる」「読み取る」という2つの方法が用意される。ここで「読み取る」を選ぶとバーコードリーダーが起動し、店頭に掲示されているQRコードを読み取れるようになる。

d払い 「ホーム」タブからバーコードリーダーを起動
d払い これ1つで複数サービスの支払いができる「クラウドペイ」。これを採用したQRバーコードは、このような案内とともに掲示される

 ドコモは、さまざまな購買体験をできるよう、「d払いをキャッシュレスプラットフォームへと進化させていく」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう