今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年05月29日 14時20分 公開

Google Payが「iD」に対応 まずは「SMBCデビット」「ライフカード」から

NTTドコモの非接触決済「iD(アイディ)」が、Google Payを介して利用できるようになった。まずは「SMBCデビット」と「ライフカード」から対応する。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモの非接触決済「iD」が、5月29日からGoogleが提供する決済サービス「Google Pay」を介して利用できるようになった。同日現在対応しているのは「SMBCデビット」と「ライフカード」で、2019年秋をめどに三井住友カードが発行するクレジットカードも対応する。

iD対応 Google PayのWebサイトに追加されたiDロゴ

利用条件

 Google PayでiDを利用するには、以下のものが必要となる。

  • おサイフケータイ対応のAndroidスマートフォン(Android 5.0以降)
  • バージョン2.89以降の「Google Pay」アプリ
  • バージョン6.1.5以降の「おサイフケータイ」アプリ
  • iDとして登録できるクレジットカード、デビットカード、プリペイドカード

 iDとして登録できるカードをGoogle Payに登録してある場合は、Google Payアプリから以下の手順でiDを追加できる(QUICPay+対応カードと同じ手順)。

  1. 「支払い」タブをタップ
  2. 登録済みのiD対応カードを選択
  3. 「非接触決済用に選択する」をタップ
  4. セキュリティコードなど必要事項を入力し「次へ」をタップ
  5. 登録完了画面が出るのを待つ

 iDとして登録できるカードを未登録の場合は、Google Payの支払い方法に追加後、上記の手順を踏めばiDとして登録できる。

対応カード(詳細)

 5月29日現在、以下のカードがiDとして登録可能。なお、登録したカードが「デビットカード」「プリペイドカード」の場合、一部加盟店で利用できない。

  • SMBCデビット(三井住友カードと三井住友銀行が発行するVisaデビットカード)
  • ライフカード(Visa、Mastercard、JCBブランド付きクレジットカード)

 先述の通り、三井住友カードは2019年秋をめどに自社発行のクレジットカード(Visaカード、Mastercard)もGoogle Payを介したiD利用に対応する。ライフカードは個人向けの国際ブランド付きクレジットカードのみが対象で、ライフカードビジネス(法人向けクレジットカード)やVプリカ(Visaプリペイドカード)、ローン専用カードには対応しない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう