今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年06月21日 11時55分 公開

スマホが必要:セブン銀行ATMから「au WALLET 残高」「WebMoneyプリペイドカード」のチャージが可能に 6月24日から

KDDIが提供する「au WALLET 残高」とウェブマネーが発行する「WebMoneyプリペイドカード」が、セブン銀行ATMから現金チャージ(入金)に対応する。1000円以上1000円単位でチャージが可能で、手数料は無料。ただし、各サービス用のアプリをインストールしたスマホを用意する必要がある。

[金子麟太郎,ITmedia]

 KDDIが提供する「au WALLET 残高」とウェブマネーが発行する「WebMoneyプリペイドカード」が、6月24日10時からセブン銀行ATMでの現金チャージ(入金)に対応する。チャージ手数料は無料だが、各サービスのアプリをインストールしたスマートフォンが必要となる。

対応するサービス au WALLET 残高(左)とWebMoneyプリペイドカード(右)

利用方法

 au WALLET 残高へのチャージは、「au WALLET アプリ」を起動し、チャージ(入金)をタップ。続いて、「セブン銀行ATMチャージ」を選択し、ATM画面に表示したQRコードを読み取って行う。

 WebMoneyプリペイドカードへのチャージは、「WebMoneyウォレット」アプリを起動し、「チャージ(入金)」を選択してから「セブン銀行ATMチャージ」を選択し、ATM画面に表示されたQRコードを読み取って行う。

SEVENBANK チャージの手順

 QRコードの読み取り以降の手順は両サービス共通で、ATMの現金読み取り部に入金額を入れ、金額を確認すると入金される。

 入金は1000円以上1000円単位で受け付け、チャージ限度額は1日(または1回あたり)50万円となる。両サービスで発行されるプリペイドカードを使ったチャージはできない。

 KDDIとウェブマネーは、「セブン銀行ATMがセブン-イレブンをはじめとするさまざま商業施設、空港や駅、観光地などに設置されているため、今回の連携によりチャージできる場所が大幅に広がる」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう