連載
» 2019年06月29日 08時58分 公開

石野純也のMobile Eye:「iOS 13」は何が変わった? パブリックβ版で「ダークモード」や新「写真」アプリを試す (1/3)

Appleは、6月25日の未明に「iOS 13」のパブリックβ版を公開した。iOS 13は、ダークモード、機械学習に対応した写真アプリ、より精緻になったマップアプリなどが特徴だ。このパブリックβ版をいち早く実機にインストールして使ってみた。

[石野純也,ITmedia]

 Appleは、6月25日の未明に「iOS 13」のパブリックβ版を公開した。iOS 13は、先に米カリフォルニア州サンノゼで開催されたWWDCで発表されたiPhone、iPod touch向けの最新OSで、黒を基調とした画面デザインに変更できる「ダークモード」や、機械学習でベストな1枚を見やすくなった「写真」アプリ、より精緻になった「マップ」アプリなどが特徴だ。

 このパブリックβ版をいち早く実機にインストールして使用した。ここでは、その実力の一端をお伝えしたい。なお、本来、パブリックβ版のスクリーンショットは規約で公開が禁じられているが、本稿では取材用の許可を得て掲載した。

iOS 13 パブリックβ版のiOS 13をチェックした

目に優しい「ダークモード」はどこまで変更できる?

 まずは、ダークモードだ。その名の通り、黒を基調にデザインしたUI(ユーザーインタフェース)に変更する機能で、「設定」→「画面表示と明るさ」から変更できる。従来と同様、白がベースのデザインは「ライト」と呼ばれており、「ダーク」をタップすると、一瞬で色調が切り替わる。背景は黒が基調だが、真っ黒というわけではなく、黒とグレーのコンビネーションで表現されているため、どこがタップできるのかは一目で分かる。文字やけい線は白で表示されるため、ライトよりもクッキリと見えるはずだ。

iOS 13iOS 13 ダークモードは、「設定」→「画面表示と明るさ」で設定する

 「自動」のボタンをオンにすると、時間帯によって、ライトモードとダークモードを切り替えることができる。ザックリとした時間でよければ「日の入りから日の出まで」にしておけばいいが、より細かく自分で決めたいときは、「カスタムスケジュール」を選ぶと、分単位まで時間を設定することができる。基本的には、周囲の光が少ない夜に使うためのものだが、室内でも文字が見やすく、メールなどを読むときにまぶしいと感じることが少ない。雰囲気を一新する意味も込め、常時ダークモードで運用するのもよさそうだ。

iOS 13 ライトモードとダークモードが切り替わる時刻は、細かく設定できる

 ダークモードに切り替えると、設定画面の他、メールやマップ、Apple Music、Wallet、メモなど、標準アプリは一通り黒が基調のデザインに切り替わる。サードパーティーに対してもAPIを提供しているため、開発者が対応すれば、ダークモードを利用できるようになる予定だ。現段階ではパブリックβ版のため未対応だが、サードパーティーのアプリもこれから徐々に対応を進めていくとみられる。

iOS 13iOS 13
iOS 13 標準アプリも、黒が基調のデザインに切り替わった

 また、iOS 13にはライトモードとダークモードで色が変わる壁紙も用意されている。対応する壁紙は、右下に円のマークが記載されているため、これを選べばよい。デザインは同じで赤、青、緑、黒の4色から選択できる。せっかくダークモードにしても、ロック画面やホーム画面が明るくては本末転倒。ライトモードとダークモードを切り替えながら使うのであれば、この壁紙を設定しておくといい。4種類のみなのは残念だが、今後、バリエーションが増えることを期待したい。

iOS 13iOS 13 4種類のダークモード対応壁紙が用意される
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう