ニュース
» 2019年07月17日 17時50分 公開

ビックカメラが「ビック買取マネー」開始 買い取りが“チャージ”に

ビックカメラが、買い取りカウンターを設ける全国のビックカメラグループ各店で独自の決済サービスを開始。買い取り時、現金の代わりに「買取マネー」を受け取ると、買い取り価格の5%増しでチャージされる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ビックカメラは7月17日、同社グループ(ビックカメラ、コジマ、ソフマップ)独自の決済サービス「ビック買取マネー」を開始した。利用の際には、ビックカメラまたはコジマのスマートフォンアプリ、またはソフマップのポイントカードが必要となる。

「ビック買取マネー」のアプリ表示イメージ 「ビック買取マネー」のアプリ表示イメージ

 ビック買取マネーは、使わなくなったデジタル機器を同社グループの「買取サービス」で売った際に受け取れる電子マネー。ビック買取マネーでの受け取りを選択すると、現金での査定金額から5%増しで受け取れる。

 受け取った買取マネーはグループ各店とソフマップドットコムで商品購入時に1円単位で利用できる。ビックカメラ.comとコジマネットでも後日使えるようになる予定だ。

 チャージは、買い取りカウンターを設ける全国176カ所のビックカメラグループ各店で可能。10月をめどにソフマップの買い取りアプリ「ラクウル」にも対応する予定で、これが実現すればアプリでの売却でも買取マネーを受け取れるようになる。

スタートキャンペーンも実施

 ビック買取マネー開始に合わせて、7月17日から12月31日まで、スタートキャンペーンが実施される。買い取りサービス利用時に査定金額をビック買取マネーで受け取ると、通常現金での査定額より5%のところ10%に増額する。

「ビック買取マネー」スタートキャンペーン 12月31日まで「ビック買取マネー」の付与率を10%にアップ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう