今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年08月06日 06時00分 公開

PayPay、サービス開始10カ月で980万ユーザーを突破 “利用習慣の定着”が奏功

ソフトバンクの宮内謙社長が、8月5日の決算説明会で、決済サービス「PayPay」の進捗(しんちょく)について語った。PayPayの累計登録者数は、2019年8月5日時点で980万人を突破した。累計決済回数は1億回を突破。いずれもサービス開始10カ月での記録となった。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクの宮内謙社長が、8月5日の決算説明会で、決済サービス「PayPay」の進捗(しんちょく)について語った。PayPayの累計登録者数は、2019年8月5日時点で980万人を突破した。7月18日に900万に達したが、そこからさらなる上積みとなった。 

 さらに、8月5日時点での累計決済回数が1億回を突破したことも明かした。PayPayが始まったのは2018年10月5日なので、これらは、ちょうど10カ月での数字となる。

PayPay 8月5日時点で980万ユーザーを突破した
PayPay 累計決済回数も、右肩上がりで1億回を突破

 「(初回の100億円還元キャンペーンで)ドカーンと伸びたときはお叱りを受けたが、毎日伸びている」と宮内氏は手応えを話す。「100億円キャンペーン以降は、大きな金額のリターンをやっているわけではないが、使用回数を増やすキャンペーン(ワクワクペイペイ)で順調に伸びている」と同氏は好調の要因を話す。

PayPay 毎月、対象店舗を変えながら、最大20%還元のキャンペーンを実施している

 ワクワクペイペイでは、7月は飲食店やスーパー、8月はコンビニエンスストア、飲食店、スーパーでランチタイムに最大20%のPayPayボーナスを還元。大型キャンペーンで終わらず、こうした小刻みなキャンペーンでPayPayの利用習慣を定着させたことも大きかったという。加盟店も順調に拡大しており、「少なくともコンビニ3社(ファミリーマート、ローソン、セブン-イレブン)では使えるし、ドラッグストはほぼ90数%使える」と宮内氏は話す。

 オンラインでの利用も拡充し、6月からはヤフオク!やYahoo!ショッピングが対応し、2019年秋には「PayPayモール」「PayPayフリマ」といったECサービスも始める。

PayPay ヤフーと連携してオンライン対応も進める

 さらに、ソフトバンクとY!mobileのユーザーは、7月31日からキャリア決済でPayPayにチャージができるようになった。銀行口座やクレジットカードを登録する必要がないため、これも利便性を向上させる施策だと、宮内氏はアピールした。

PayPay ソフトバンクとY!mobileのユーザーは、キャリア決済でチャージが可能になった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう