ニュース
» 2019年08月07日 15時06分 公開

キングジム、スマホアプリから印刷できる「テプラ Lite LR30」を発売

キングジムが、スマホアプリから操作ができる手のひらサイズのラベルプリンター「テプラ Lite LR30」を8月20日に発売する。Bluetooth経由で接続し、スマホアプリでラベルのテンプレートを選べる。

[金子麟太郎,ITmedia]

 「テプラ」といえば、ラベルを作成するのに使う製品。今となっては仕事や家庭、さらには学校などさまざまなシーンで欠かせないアイテムと言っても過言ではない。そんなテプラを手掛けるキングジムが、スマホアプリから操作ができる手のひらサイズのラベルプリンター「テプラ Lite LR30」を8月20日に発売する。価格は6800円。

Mobile テプラ Lite LR30

 テプラ Lite LR30本体とスマホをBluetooth経由で接続し、専用アプリ「TEPRA Lite」(iOS/Android)を使ってラベルを作成できる。アプリはiOS11以降とAndroid6.0以降の端末で動作する。アプリも本体の発売日に合わせて8月20日からダウンロードできるようになる。

 アプリでは、文字や画像のサイズ・配置を自由に変更でき、簡単に好みのデザインでラベル編集できる。絵文字や外枠、名前付けや整理整頓に使えるテンプレートも搭載している。

Mobile スマホアプリ「TEPRA Lite」

 自分だけのオリジナル似顔絵を作成する機能や、スマホで撮影した手書きの絵や文字の写真をラベルに挿入できる「写真挿入機能」、現在日時を反映してすぐに印刷できる「タイムスタンプ機能」も備えている。作成したデザインは100件までアプリ内に保存可能だ。

Mobile 本体カラーはブルーとホワイトの2色

 テプラ Lite LR30本体は、ポケットサイズで電池で駆動するため、手軽に持ち運べるとアピールする。カラーはブルーとホワイトの2色を展開。

Mobile テプラ Lite LR30で印刷したラベル

 テプラ Lite LR30で使えるのは「テプラ Liteテープ」や「“こはる”専用テープ」の2種類。印刷は加熱されると粘着度が増す感熱式を用いる。

 本体サイズは約71×46×76mm(カットボタン含む)で、重量は約132g(電池、テープ除く)。電池は単4電池4本を使う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう