速報
» 2019年08月15日 11時48分 公開

Misfit、「Snapdragon Wear 3100」搭載でわずか43gのスマートウォッチ「Vapor X」を280ドルで発売

Misfitが「Wear OS」搭載スマートウォッチ「Vapor X」を米国で発売した。「Snapdragon Wear 3100」搭載で、一般的な使い方であれば、バッテリーは1日持つとしている。価格は期間限定200ドルの後、280ドルになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Fossil Group傘下のMisfitは8月14日(現地時間)、スマートウォッチ「Vapor X」を発表した。米Googleの「Wear OS」を搭載し、同社のスマートウォッチとしては“最軽量”の43g。米国で同日発売した。価格は期間限定で199.99ドルだが、その後は279.99ドル(約3万円)になる。日本で発売するかどうかは不明だ。

 vapor 1

 ディスプレイは1.19型の有機EL、ケースは42mm。米Qualcommの「Snapdragon Wear 3100」を搭載し、一般的な利用方法であればバッテリー(300mAh)は1日持つとしている。メモリはスマートウォッチとしては一般的な512MB、ストレージは4GB。ベルトは交換可能で、ケースは黒、ローズトーン、ステンレス、シャンパン、ガンメタルの5色。

 vapor 2 ケースとベルトのプリセットの組み合わせ

 GPS、NFCをサポートし、防水レベルは「水泳に対応」。Bluetoothで無線イヤフォンを接続すれば、スマートフォンなしでGoogle Play MusicやSpotifyの音楽を楽しめる。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう